1709 風呂の改築,浴槽深さ47㎝しかないユニットバスは健康に悪い!,肩湯機能は不要! 在来工法でガンを防げ!

実家が風呂をやり替えるというので,
見積もりを見せてもらうとともに,
実際に複数のショールームにも行きました。

見積もりをみると,ユニットバスでした。
つまり大企業が商品としてお風呂セットとして販売しているものを工務店さんが取り付けるだけ,に近いものです。

それだと下の材木等が腐らないと工務店さんはいうのですが
ユニットバスは,汚れ易いので,あまり好きではなく,
そのこともあって,まじまじと見積もりを読みました。

えっ,浴槽の深さ(外形の数字だったかも)がたった47㎝!?
何これ?
子どものプールかよ!,

悪名高い半身浴でもさせる気か?
と思ったので,見積もりを出した前記大企業さんに問い合わせました。

「もっと,湯船の深いユニットバスはないのですか」と。
「ありません。それがユニットバスの標準仕様です。
この標準仕様は変えられません」
「在来工法でされるお客様のためには,深さ65㎝のものをご用意しております。」
と。

これを聞いて,ショールームに突撃。
靴を脱げば,浴室浴槽内に入れますので,
実際に浴槽に入り,その中に座ってみました。

するとユニットバスはどいつもコイツも
私の脇の下に浴槽の壁のトップ面が来るくらい。
要するに,お湯の面は、乳首くらいまでしか来ない。

これでは,あたかも半身浴しかできないような感じです。

案内の人に「浴槽が随分浅いんだが。半身浴のために作られたの?」と聞きました。
「いえ,でも,肩湯が出る仕様ですので,暖まれます」だと。

    私は,はあ?と思いました。
    肩湯機能よりも,そもそも首までちゃんと漬かれる浴槽が必要だろうに!

ショールームを複数回り,確かめましたが
どいつもこいつも,ユニットバスは全部同じでした。
大不満!

で,結局,在来工法にしました。
左官屋さんを使ってやってもらうやり方。
いまでは,在来工法でも、浴室内が寒くならないようにする技術はあるそうです。

ただ,難点は,今左官屋さんが少なく手配が難しいことです。


【省スペース化の弊害?】
世の中に出回っている企業の作るユニットバスが
どいつもコイツも浴槽が浅いのは,
やはりスペースを小さくする必要があって,
そこが犠牲になっているのでしょうか?

なお,浴室の広さは比較的自由に変えられるようです。
これに対し,浴室の縦の高さは大きくは取れないのかもしれません。

しかし,乳首の位置の湯船になるような仕様が標準仕様だと言われて
日本人が黙って居れるか,です。

    なお,うがった見方ですが,今や高齢化なので,
    深い風呂は事故が起きやすいと大企業さんがふんで,
    それを避けているのかもしれません。

    大企業は,保身の塊,評判が命,
    リスクを全然取らないことで有名です。

    しかし,だとしたら,なおのこと,そんなのと付き合って居れるかと思います。


【健康問題に関わる】
日本の伝統的な,肩まで漬かれるお風呂は,
身体をきちんと温めることができるので,
免疫力を大いに向上させ,ガンを防ぎます。

    日本人にガンが増えたのは,シャワーで済ませる人が増えたために身体を温めることができないからではないかと言われています。
    戦前は日本が世界一ガンは少なかったとのことで,それが肩まで漬かるお風呂の習慣だったのです。

半身浴は,余程上手くやらないと身体を冷やしやすく,問題は多いです。
乳首の位置までしか湯船が来ないユニットバスもこれに類します。


【効率化と金儲けの弊害】
これも,効率化と金儲けの弊害だと思います。


    【参考】

    ✅ガンは低体温35度が大好き 抗がん剤は体温を34度に下げる!(感謝!9万8000アクセス突破)

1件のコメント

  1. シャワーで済ますとガンになりやすい?これからは無理して風呂沸かします じきのぼせるし凄く寝るし面倒だと思ってたものの、しかし夏でも浸かったほうがいいんでしょうか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中