1690 重度障害者の議員誕生にもかかわらず,セコい批判多し・・・・介護費用は月130万円かかるため,議員報酬実質ゼロで働くことになるのに。

れいわ新選組は,ネット保守層,
とりわけ金儲けのビジネス保守,空想主義者のイデオロギー保守,そして安倍礼賛型盲目保守から手厳しい非難を受けています。

第一に,
山本太郎は,暴力極左であり,その証拠に,齋藤まさしという,革命家にして左翼のプロが蔭で指導しているという。

    Wikipediaによれば,この人物は
    「斎藤まさし」の名前で各地の選挙運動を手がけて候補者を当選に導き,「無党派選挙のプロ」等の評もある。市民の党が勝手連的に応援し,当選した候補者には中村敦夫(元参議院議員),秋葉忠利(前広島市長),堂本暁子(前千葉県知事),嘉田由紀子(前滋賀県知事),川田悦子(元衆議院議員),大河原雅子(衆議院議員),黒岩宇洋(衆議院議員,ただし市民の党が応援したのは参院選出馬時),宮崎岳志(前衆議院議員),篠田昭(新潟市長),山本太郎(参議院議員),喜納昌吉(元参議院議員)らがいる。また元社会民主党所属で,参議院議員を辞職して神奈川県知事選挙に立候補した田嶋陽子のサポートも行ったが,田嶋は松沢成文に敗れた。菅直人が初当選した際の選挙も手伝っており,民主党議員約100人の選挙応援を行っている」という。

ただ,この人によって,育てられた人々がこの程度か,特に菅直人がこの人に育てられたというと,革命家にしては如何にも迫力がないと思ってしまうのは,私だけでしょうか。

    そもそも齋藤まさしさんは,山本太郎のために,多額の選挙資金を提供するスポンサー獲得には失敗していますよね。
    だから庶民から集めたんだよね。

とりわけこの程度,つまり立憲民主や国民民主のサヨク議員の面々を育てた人という程度では,山本太郎が暴力革命家との証明にはなっていないし,
山本太郎の批判は要するに左翼だから気に入らないというにすぎなくない?。

つまり,左翼に対する批判一般を山本太郎やれいわ新選組にぶつけただけでは?


【重度障害者の介護費は月130万円】
第二の非難として,私がどうしても解はないのは,何の罪もない
ふなごさんや山本英子さんられいわで当選した重度障害者に対する非難です。

これはちょっとどうかと思います。

確かに,
A)経済力(営業活動をする)のある方に,介護費を出さないとしていたこれまでの法律等の立法趣旨は分かります。
また,B)その法律は改正されるまでは正式に通用しているのだから,先行なし崩し改正のような運用を早速始めるのは如何なものかという意見は一般論としては分かります。

しかし,国会議員は,営業活動かというのもそもそも大いに疑問があるのみならず
より根本的に,民意を受けて民意のために働く人間です。
その活動がより良くできるように保障するのは当然のことだと思います。

    とりわけB)の点について声高に論じる保守系の某有本香さんという切れ者もいらっしゃいます。曰く,自分で介護費用を賄っている人も結構居ると。

    しかし,百歩譲って会社経営等の場合であれば未だ良いですが議員はちょっと違うという思います。有権者の付託に応える必要がある。

      まず形式的に言えば,議院は自律権が有りますので規則制定権によって決めることは可能です。少なくとも介護費用の法律の趣旨に明確に矛盾抵触逸脱しない限りは。

      議員報酬は,①有権者の付託に応えるように,活動を経済面から支える
      ②議員が困窮しておかしな事をしでかさないように,それなりの経済保障をするという側面が有るはずです。

      特に②は,裁判官の報酬で言われます(なお内閣総理大臣と最高裁長官の報酬は同額)。

      そうした中
      前記重度障害者の議員は月に130万円の介護費用が掛かるようです。
      議員報酬が年2200万円(5か月分の賞与込)だとしても,月に150万程度,税金等控除後は,月130万円行かないはず
      特にボーナスがない月は,いったんは,一層赤字になることでしょう。
      (ただし,大都市手当があれば,赤字だけはなくなるかも?)

      この状態で①②の趣旨をまっとうできますでしょうか?
      しかも法律が実際に通るのは随分先の話で,その間は議員報酬実質ゼロはいかがなものでしょうか?


【やはりバリアフリー】
この介護費用はバリアフリーの問題ではないと言いますが
私は似たり寄ったりだと思います。

    今や国会内でも駅でもどこでも,緊急で倒れた時に救助する道具が備え付けてありますね
    それは大多数の健常者には,何の意味もないだけでなく,一生に一度も使わない人だって多いかもしれない。
    しかし,税金を使ってでも,特定の人のために?特別の備え付けをしている。

    裁判所でも
    法廷には,国費で老眼鏡等も置いてある。皆が使うのではないのに。
    それは裁判で用いられる書面や証拠を当事者や証人の方によく見て貰い,もってより正しい裁判をするため。

    また,刑事事件では外国人に必ず通訳を国費で付けます。
    これは真実を発見するため,手続過程を重視するので,仮に一方当事者のみが用いるものであってもなお,税金を使うのです。
    外国人は,日本語しゃべれないのが悪いと言ってはいけません。
    公の秩序及び人権に関する刑事裁判ではちゃんと公費で通訳を付けなければならないのです。

国会議員に関しては,議員報酬は,選んでくれた国民のために活動をより良くするために用いることが期待されているのですから,
その議員報酬が介護費用だけで全額以上奪われて赤字になるような場合に補助をすることは,不公平でもなんでもないし,むしろバリアフリーの一環だと思います。


【れいわだからという非難は公平ではない】
私は,れいわだから批判するのかなと思いますが,どうでしょうか?


【なお,天才橋下徹は,山本太郎の実行力を評価】
さすが天才橋下徹は,山本太郎の今回の当選劇について,その実行力を高く高く評価しています。

政策の方向性はまるで違うと言いつつも,前記実行力については
周囲の意見に反してでも,褒めちぎっていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中