1687 山本太郎→山田太郎はむしろ大いにあるはずなのに,山田太郞→山本太郎の付け替えだけ問題にするメディア

マスコミが500票余りの山田太郎の票を付け変えた問題のみを声高にとりあげてます。

しかし,これほど紛らわしく,かついずれも有名な名前ではあるのですから
(実の山田太郎議員は知らなくてもアニメの山田太郎は誰でも知っている),
以下の2点について,いずれも双方向の間違いがあったとみるのが普通だと思います。

①投票者側のミス

    私が思うのは,山本はテレビ放映もなく,かつにわか急成長株だったので,熱心な支援者が,友人や親祖父母に御願いしたときに,間違って山田に入れてしまったのは多いのではないかと思います。

    与党の山田の方から山本への間違いはそこまでのものはないと思われます。

②選管側のミス

    かつても,ある党の票がそっくり共産党の票としてカウントされて,一方がゼロにカウントされて問題になったこともありました。山田と山本の違いどころではない。党同士の間違いをしているのです。
    こんなの起こるのかな?というミス?(故意?)って意外とあります。

今回問題が発覚したのは,山田さんへの投票がゼロだとカウントされていたからです。
他の投票所において,ゼロにする間違いではなく,1万票付け替えた,2万票付け替えたけれども,いずれにせよ両者に3万票はベースにあったというのだと,有権者も例えば1万票少ないとかを指摘することはまずできません。

    こうした選管の間違いは,本来は許されず
    場合によっては国家賠償ものだという認識は最低限必要です。

    そもそも選管職員は,公務員です。
    普通,公務員は,お金の問題はもちろんですが,大事なポイントはマニュアル等があって,ダブルチェック,トリプルチェックをかけるのが一般です。
    複数の担当者(通常上司と部下)が同じ問題につき,同時に関与して,各人2回ずつくらいは見直しをかけるのです。
    しかも選管の職員は選挙の手当は3万5000円~5万円も出ます。

      そんな中で,どうして毎度のように付け替えミス?が起こるのか不明ですし,
      それは今回も同じです。
      かえって,今回の参院選の場合,山田太郎と山本太郎の集計の混同を回避しなければならないことは,選管から最もマークされていたはずです。
      それでミスというのは信じられません。

      本当にミスだったのかと疑いすら持ちます。


【マスコミは山本票の喪失可能性等は触れない】
ところが,マスコミは,何故か
山本票が間違って多くなったという付け替えの点は殊更指摘するけれども,
逆の可能性もあったはずであること,
むしろこちらの方が多かったかもしれないことは全く触れません。

    山本太郎は,テレビでは選挙結果前はまったく流れなかった一方
    山田太郎は,ネットをも駆使しては居ましたが,やはり自民党という巨大勢力の傘下にあり,名前自体の有名(ドカベン)も手伝い,選管のようなお堅い公務員は,山田太郎の方が遙かに認識が強くあった可能性もあります(山本太郎は選挙中は泡沫扱い)
    ですから,山本太郞をゼロ票にしない限りの山田への付け替えは,相当あった可能性だってあります。
    実際やろうと思えばできます。

    兎に角山本の方ばかり増やされる間違いしか起こらない根拠はないので,双方向に票の付け替え(一方をゼロにしない限度の)は起こり得たと思います。


【本当はもっと大がかりの付け替えがなければよいが】
私が心配するのは,
結局,選挙の集計は茶番で,
実はいくらでも付け替えは自由自在に行われており,
そのための目くらましとして,
目立つ今回の事例,しかも一方がゼロになるというわかりやすい間違いを殊更に取り上げて,もっともっと大規模な選挙不正を隠す意図が無かったかどうか。

    かつても,安倍が返り咲く選挙で,
    小沢一郎率いる60人くらいの新政党の大部分が落選して
    その分維新が急激に躍進したというのがありました。
    当時の小沢さんは,無罪判決を受けたこと等もあって,本当に人気が高かったのに,大惨敗だったのを選挙不正があったと指摘する方も多くいらっしゃるのです。

    ・・・・今回も例えば,山本太郎なんかに100万票以上は取らせたくないので,99万票のギリギリに抑える算段をしたということはないでしょうか。
    過去の選管の問題例からすると,少なくともこのくらいのことは朝飯前に見えます。

山本太郎の票が山田太郎に大きく流れたとしてもおかしくない中
山本に間違って流れたことを,端的に明解に事件として流せば,
大規模選挙不正を働いたとしても隠しやすいですよね。

特に新興勢力の山本に間違い集計があったとすることは,その反面として,如何にも既成の与党自民公明には問題がなかったと印象づけることもできますよね。

しかも現に,山田太郎は,政権与党の中にいる人間です。


【プロパガンダや隠蔽工作にも使える今回のニュース報道】
山本太郞が間違って増えた集計になっていたと喧伝すれば,山本太郞のれいわから逆に大きく票を取り去っていても,庶民は気付けず,問題になりません。

まさしく忖度行政に,忖度メディアです。

    ・・・・疑えばきりないですが,
    ただ,「無党派層は寝ててくれたら良い」と言った元総理(自民党)がいたり,
    安倍はこの12年間で投票所をこっそり4000か所も減らした
    今回は兎に角盛り上げない選挙にしようと苦心していたことを併せると,
    こうした一方的な報道を見ると,どうしても不審に思ってしまいます。

    選管もミスではなく,うっかりミスを装っているだけではないのか
    それは,公務員たる者は,一般に失職を酷く恐れるため,自分が担任する分野は,入念に繰り返しチェックをかける習性があることとまったくそぐわないからです。

要するに,これまで繰り返された重大ミスの数々からみる限り,
どんなことでもやろうと思えば出来てしまうこの選管の運用は本当におかしいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中