1651 破産再生による借金精算の勧め・・・・借金者は貧乏人だと自覚して下さい。

今回も,破産再生のすすめです。

借金をする人を,もし私が責めるとしたら
それは,自分のことを貧乏人だと思っていない節があることです。
自覚がない。

お金は確かに目まぐるしく右から左に駆け回っているかもしれませんが,どう見ても貧乏人です。

仮に,借金のない方で,手取りが月5万円しか収入のない方がいるとしましょう。
その方は,キツキツの生活でしょうから
普通自分にお金がないこと,つまりは貧乏人だと自覚しています。

しかし,月30万円稼いで,25万円を借金返済に当てている人の場合,
手取りは5万円ですから,先の方と同じです。
なのに,貧乏人という自覚がないのです。

おかしいですよね。


【でも大丈夫】
でも,そんな方でも,破産再生をすれば大丈夫です。

破産は,全額借金免責
個人再生は,最大8割カットで,2割を3年から5年かけて返済するものです(ただし勤労者向け)。

弁護士としては,個人再生が特におすすめです。

早く,貧乏人である実態を悟られて,破産再生をされて下さい。

          -byフローラ法律・岡崎 from 2013.3.24-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中