1648 破産・民事再生は,戸籍には載らないが官報には載る(誰も見ない)。会社にも知られない。携帯電話・預金口座はそのまま使える。

破産(負債は全てなくなる,仕事上の資格喪失あり)
個人再生(負債は,最大8割カット,2割は3年36回払い。仕事上の資格喪失無し)
で,よく聞かれる,誤解されていることに
「破産・再生の申立てをすると,戸籍や住民票に載るんでしょ?」があります。

つまり,結婚に差し障りがあるのではないかということです。

    なお,この質問は,飲み屋の女性がよく言っていました。
    おそらく,飲み屋に働かせる時に,雇い主が嘘をついているのだと思います。
    破産や再生手続を取られてしまうと,仕事を辞めてしまうと思ってクギを刺したのだと思います。

    私は「さっさと,こんな仕事辞めたら」という趣旨で善意で言ったのですが,先手を打って嘘をつく店長っているんですね。

ただ,メリットの大きい破産再生でも,官報には載ります。
だから探す気になれば探されてしまいます。
ただ,官報の量は毎回膨大ですので,余程のことがないと知られることはありません。
裁判所でも,定期的に職員や裁判官に回覧に付されますが,誰も読まずに次の人に回すだけです。

この膨大な量の書類は,サラ金業界とか,常に関心を持っているそっち系の人でないと調べられないはずです。

心配には及びません。


【破産再生は,会社には知られない】
破産再生は,裁判所も弁護士も会社には知らせません。
なお,勤め先の会社は,破産再生の裁判記録は見ることが出来ません。

ただし,破産や再生手続を何時までもしないでいると,
貸金業者が裁判を仕掛けてくることがあります。
そして,それも無視していると,強制執行になります。
強制執行の場合,通常給与差押えをしてくることになりますので,
その時に会社には,借金問題を抱えていることが知れます。

つまり,早々と破産再生をすれば,会社には知られないのに対し,
グズグズしていると,債権者が判決・強制執行を仕掛けてくるために会社に借金がばれてしまうのです。

会社は,借金や破産再生を理由に解雇はできませんが(破産によって仕事上の資格喪失する場合は別),なんだかんだ事実上の不利益を受けるかもしれません。

だから逆に早く破産再生した方が,知られない分,効果があるということです。


【携帯電話や預金口座はそのまま使える】
これもよくある質問ですが,
破産再生をした場合でも,携帯電話はそのまま払い続ければ使えます。
携帯電話会社は,顧客獲得囲い込みに必死であり,破産如きで解約はしません。
毎月払ってくれればよいので一々解約しません。これは電気量や水道代と同じです。

銀行口座もそのまま使えます。口座が凍結したりするのではないです。
ただその銀行が債権者でもある場合は,預金と相殺されてしまうことは気をつけて下さい。
詳しくは申立て時に弁護士に相談して下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中