1636 最新版の一太郎2019は,ヘビー・ユーザー,ヘビー・ファイルでも機敏に起動,サクサク動く

最新版の一太郎2019の発送が2週間も遅れて,今日2月22日に,ようやく手元に届きました。

今回の一太郎は,かっ飛び速いです。
大変気に入りました。

    ただし,以下は一太郎2017との比較です。
    モシカシテダケド,一太郎2018から既に速くなっていた?
    ということもあり得るかもしれませんが,
    毎年バージョンアップする方ばかりではないでしょうから
    少なくとも2018を見送った方で2017以前のバージョンをお持ちの方には,お薦めの記事となります。

    2018年を持っていた人で,2017以前も持っているという方は,2017以前と変わりが無いと思われたら,2019をためしても良いかもしれません
    (いずれにせよ,自己責任で御願いします。)


【多マクロ+多シートの巨大ファイルもサクサク】
私は,一太郎のヘビー・ユーザーでして,
①一太郎マクロを200近く作って,本体のプルダウンメニューに押し込んで使っています。
②お仕事用のファイルですと,ある1つの事件で作成した文書が例えば20本あるとすると,それを1文書にビルトイン,つまり20シートある1つの一太郎文書として使っています。

つまり,①起動する一太郎のプログラム本体それ自体の呼出に時間がかかるのみならず,
②20シートもある重い巨大ファイルでは,開くのに時間がかかるのです。
二重に時間がかかる。

一太郎2017以前では,巨大ファイルの場合,「ただ今開いています」をサインする緑色の円がしばらくの間ぐるぐる回って中々開きませんでした。

しかし,今回の一太郎は,①②にもかかわらず,巨大ファイルの起動が速いです。

あくまでも私の体感ですが,Corei5の安いパソコン(Windows10・64ビット)での比較ですと,2分の1から3分の1の速度で,シートの多い巨大ファイルが開きます。

速いのが一番です。私は買いだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中