1631 吉野家は,ゴキブリ混入以上に三井化学の人工的な米「みつひかり」を謝罪してよ

私もかつてよく行って食べていた福岡市中央区春吉の吉野家にゴキブリ混入だと。

はあ!?
その店は,福岡市の中心街,名だたるデパートも近い超繁華街のところにある綺麗な店
そんな店で,ゴキブリなんて出るか?
と疑問が残ります。


【吉野家が三井化学の人工的な米「みつひかり」を使うなんて】
しかし,そんなことよりも,私が吉野家で食べなくなったのは,
三井化学の人工的な米「みつひかり」を使っているため。

それは高濃度農薬耐性米であり,モンサントの遺伝子組み換えのお米の一歩手前のものです。
三井化学はモンサントと提携しています。


【ご飯が狙われると】
日本は昔から,夏ばて防止と言って,ウナ丼を食べたり,
大盛りのカレーライスを食べたりしました。
スタミナ丼,なんてのもあります。

ウナギがよいとか,カレー等が良いというのではなく,
そういう食べ合わせをすると,自然とご飯を沢山食べるからです。

吉野家の牛丼等にファンが多いのも,
牛が美味しいというだけでなく,どんぶり飯をしっかり食うので,
元気が出るわけです。

そうです。日本人は,困ったら米に戻ってくるのです。
ホームポジションと言ってよいかもしれません。

しかし,そんな日本人に大切なお米について,
モンサントだの三井化学だの金儲けの道具,
餌食,食い物にされたら,日本人はたまりません。

そういう悪徳企業は速攻で潰れて欲しい。

お米に参入しないで欲しい。

つまり,吉野家も,三井化学の人工的な米「みつひかり」なんて出してたらあかんぜよ。
ゴキブリ以上に気をつけて欲しいくらいだ。

1件のコメント

  1. 段々食べていいものが少なくなっていきますね。遺伝子組み換え米の名前をすべて公表して欲しいと思います。変わった名前のお米はすべて遺伝子組み換えかと疑うようになりました。

吉岡 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中