1572 「杉の木を切り倒すと花粉を多く出すから切らない方が良い」は嘘だった!?

私も30年前ころに,軽い花粉症になりました。
田舎育ちなのに。

私がかかったのは全国的にはやり始めた少し後のことです。

当時,何がテレビで言われていたのは,
「杉の木を切り倒すと,杉の木が(種の保存としての)生き残りを賭けて,スギ花粉をより大量に出す。」
「だから,杉の木はむやみに切ってはいけない」

と繰り返し喧伝されていました。
最近はどうだか分かりませんが,少なくとも20年前30年前は,
これが繰り返しテレビで言われていました。

    そして,杉の木を切り倒す際に大量のスギ花粉が舞い散る映像が繰り返し流されました。
    何処のテレビ局でもこの映像でした。

    →後注)

当時学生気分で若かった私は,「杉が生き残りを賭けて?そんなものなのかなぁ?」
と思いました。


【杉の木を切って使えば,花粉症はなくなる】
しかし,この喧伝もやはり,
誰かの意図によるプロパガンダだったようです。

    武田邦彦ブログ:

    →後注2)

杉の木が生存を掛けて花粉を少し大量に出すということが全くないとは言えないとしても
日本国民がきちんと杉の木を計画的に切り倒して
木造建物でもお箸でも何でも使っていたら,
日本国民が花粉症に悩まされることもなかったんでしょうね。
きちんと考えてみれば,実は言われるまでもなく,当然のことです。
(しかも日本人は,隣国と違って伐採した後もきちんと植林するから
定期的に切り倒したからと行ってはげ山になる心配もなかったということです。)

抗がん剤もそうですが,
また騙されたという感じです。

抗がん剤の悲劇は,医薬品メーカーと厚労省とマスゴミの結託の産物ですが,
花粉症は,やはり医薬品メーカーとマスゴミ,そして林野庁というお役人の共犯だったということです。


【森林税は無策の証】
ここに来て,森林税が課せられるようになりました。
それは,一応意義のあるものであり,否定はしませんが,
これとても,30年前から,林野庁がきちんとした政策をしていれば
そもそも何の問題も起きなかったのでしょうね。

林業はただでさえ大変な後継者不足になりやすい3K職種であるのに,
それに追い打ちをかけるように,
今や海外の安い輸入木材に押されての日本の木材値段の劇的な急落で林業は壊滅状態。

つまり,日本国土の7割を占める森林は,荒れ放題
それで3月4月は,花粉の出し放題というわけです。

おまけに,それに乗っかって,医薬品メーカーが儲けを企む。
「杉の木を切ってはいけない」「切ったら我々が儲けられない」

問題は全部繋がっていることが分かります。

兎に角,嘘を言って金儲けしようとか,
お役人の怠慢を国民に押し付けないで欲しいです。


    後注)
    今思うと,この繰り返し放映された,杉の木を切り倒す映像は,
    いわば、湾岸戦争時の,オイルにまみれた鳥や
    イラク戦争時の少女ナイラの嘘証言
    の映像と一緒の部類です。

    つくづく,テレビは見ない方が良いと思います。


    後注2)
    しかし,かの武田教授でも,昔は本当のことを言うのをはばかられたというのですから
    余程,大きな力,例えば海外の力が日本に押し寄せていた
    ということかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中