1554 「AI革命」で世界の国民を不安にさせつつ,仮想通貨に恐れおののくG20中央銀行会議

少し前,
→1536 翻訳や音声認識・OCRも全然精度が低いのにAIが脅威だなんて/外国移民受入れ促進のための嘘?(リンク有り)
で,AI革命で世界中の国民に恐怖を煽るおかしさを指摘させていただきました。

また,前回,
→1553 竹田恒泰「仮想通貨は,中央銀行400年の歴史を終わらせる!」(リンク有り)
で,各国の中央銀行の総裁が20人集まって,仮想通貨の脅威と対策を話しあうことについて,竹田恒泰さんの動画を紹介しました。

    実は,中央銀行はグローバル資本による民間銀行なので,

      「各国の中央銀行」という言葉自体が概念矛盾です。
      イルミナティ・中央銀行・フリーメーソン illuminaty  CentralBank Freemason


    【AI革命の道のりは遠く,仮想通貨の進化は超激速!】
    結論を先に言うと,上記各ブログのとおり,
    AI革命の道のりは遠く,仮想通貨の進化は超激速だと思います。

    AI革命が大半の労働者の仕事に取って代わるのは相当無理があるのに対し,
    仮想通貨は僅か10年たらずで,世界の主要国の通貨総額を追い抜き始めているのです。
    後者のスピードの方が断然・圧倒的に速いはずです。

      もしAIの恐怖を正確に表現するなら,それは,軍事的利用等を中心とする他の国や国民の侵略等です。AIチップの埋め込みによる人間支配とか。

      そうではなく労働者の駆逐
      =世の中のありとあらゆるきめ細かい作業をAIが完全に人間に取って代わる?
      というのは,ずっとずっと先のことだと思います。

      これに対し,仮想通貨の進展・普及による革命は,今後あっという間に起きます。


    【一方で恐怖を煽りつつ,他方で怖がるのはちぐはぐ】
    一方で,これからはAI革命だ,大失業時代だと,労働者に恐怖を煽りつつ,
    他方で,仮想通貨を怖がりまくるのは,なんともちぐはくです。
    その態度に一貫性がありません。

    前者で,「世界各国の労働者よ,覚悟っ!」というなら,
    後者では,「中央銀行よ,覚悟っ!」でなければならないと思います。

      実は,モシカシテダケド,モシカシテダケド,
      後者がマジで怖すぎるので,逆に前者によって話をそらしているだけだったりして(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中