1538 景気の実感ないのは,商法改正による外人投資家だけが儲かる「格差社会」だから?(日本人は総貧乏)

日本国民の殆どに,景気回復の実感がない。
こんなに株価も上がったのに・・・・

    ヤフオクでも,私の趣味の分野の商品は,一部の例外を除き
    中古価格がじりじり下がる一方です。そもそも相当安くなっています。
    例外?とされる30年前のビンテージものでも,激しく入札競争のデットヒートの末でも,当時の定価を遙かに下回る金額にしか届きません。結局半値以下です。

    これで日本の景気が回復したようには,到底見えません。


【憲法では法人の人権は守られることが,外国に狙われた?】
憲法が分かる法律家なら誰でも知っていることに,
外国人の人権は,少なくとも憲法理論上は,大した保護はありませんが
(社会保障は,憲法上は外国人は受けられませんし,参政権もありません)
法人の人権は,結構強力に保護されることです。
(最高裁判例)

しかしながら,会社もしっかりと人権が認められるとなると,
外国人投資家は,日本人にならなくても,
株主になればよいだけになるので,
大いに日本で稼ぐ事も可能になります。

    現に,商法・会社法は,どんどん外国人株主に有利に改正され続けており,
    たとい法律家であっても特に会社法関係に詳しい弁護士でもないかぎり,
    ついて行けない程目まぐるしい改正の頻度です。
    しかも大改正が多いのです。民法や刑法は100年以上ほとんど改正らしい改正がないのに,です。
    ・・・・米国からの圧力があるためです。

    私が本格的に学んだ会社法は,20年以上も前のことです。
    その当時ですら,戦後10回くらい改正がすんだ後でした。
    それからも何度も変わっています。

この大元を辿ると,会社は自然人と変わらない人権を持っていることが最高裁でも認められているので,これだけ頻繁に法改正が出来るということになるわけです。

実際,法改正の結果企業グループでの株の相互持ち合いもとうの昔になくなり,今では著明な企業の株主は,外国人が急激に増えているとのことです。


【株価が上がっても,国民には還元されない?】
こうなると,今の安倍政権やかつての小泉政権のように,
たとい株価が上がっても,外国人投資家ばかりに利益が行くということです。

30年前であれば,日本の会社は従業員のためになるようにたち振る舞うことが出来ましたので,株価や利益が上がれば従業員の給与に反映されたでしょう。
だからバフル前でも,高額商品はばんばん売れました。
しかし,今の株価の上昇は,外国人投資家を利しているだけなので,全然日本の景気には反映されないというわけです。

もちろん,会社の利益は上がっているので,日本のGDPは増えているかもしれませんが,外国人投資家の利益になっていれば,日本人には還元されませんよね。

    まして,小泉竹中という売国奴よろしく,
    派遣労働者ばかりを雇って,コストを削減しては利益を出すが,ただ外国人投資家に流すばかりであれば,日本が景気の実感を得られる訳がありません。


【格差社会とは,日本人と外国人投資家との格差だった。グローバリズムだった】
このように,日本における格差社会とは,
公務員と民間との給与差というのもあるでしょうが,
より根本的に,日本国民全体と外国人投資家との格差というのがあるのではないか?

日本人が全員貧乏で,外国人投資家だけが裕福になるという
韓国でも見られる格差社会です。

この格差社会はグローバリズムとイコールの意味になります。

    まあ,これは,かつて世界中何処の国でも見られていたことですが。。。。

    世界の国々は,無国籍の裕福な人達によって牛耳られていたことは歴史が証明していますが,それが今の日本にも及んできている,
    守り切れなかったということだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中