1517 三浦瑠麗「徴兵制は戦争を抑止する」は正しい。

「左翼が大騒ぎすること,
特に,朝日新聞や共産党(赤旗)が声高に叫ぶことは,真逆に考えた方がよい」
という格言?があると,とある界隈では言われています。

「徴兵制がっっ!」と大騒ぎして,子を持つ母親らを中心とした世論を誘導しようとするかにみえるのも,それでしょうか?

そんな中,上から目線の素敵なお姉様である,三浦瑠麗さんが
「徴兵制は戦争を抑止する」と言われていたのを橋下の番組で見ました。

成る程と,思わず膝を叩きました。


【徴兵制と普通選挙】
専制主義独裁国家における徴兵制は,確かに問題です。

しかし,民主主義国家で,普通選挙制度が敷かれている中での徴兵制は,専制国家とは全然違います。

徴兵制があると,その親や親戚らにおいて選挙の関心が高まります。
無用な戦争を親達が許すはずがありません。

軍部の暴走は,兵隊に取られる親らの国民が許しません。

    米国は徴兵制はありません。
    そしてその戦争は,軍産複合体ないしその背後にいる国際銀行家が計画立案していると言われています。

    軍人は米国でも戦争は全然求めていないそうです。
    死ぬのは自分達ですから。

    戦争を繰り返すのは,戦争利権にまみれた政治家や官僚,軍需産業の利害です。
    もちろん,その軍産複合体があってもお金がなければできませんので,金貸しが背後にいるということです。

    つまり,戦争は,軍人はもちろん,一般国民も求めていないのに,
    軍産のエスタブ等が勝手にやってきたと言われているのです。

    そして,徴兵制という痛みも切実さもないと,国民は,ナイラ証言のようなものにも,簡単に騙されてしまうということです。

    徴兵制がないから騙されるのであって,もし徴兵制下でこの時代にこんなふざけたプロパガンダをやったら,徹底追求されて,政権は直ちに倒れます。

徴兵制があることで,民主主義選挙が活性化して,戦争がなくなるというわけです。


【三浦瑠麗「首相直属の軍隊であることを憲法に明記を」】
三浦瑠麗さんは,また言います,
「首相直属の軍隊であることを憲法に明記を」と。

これも唸りました。そして左翼が喧伝しているのとも違います。
如何にも逆説的です。

というのは,らなみに,トランプ政権は,軍人政権と言われています。
だから暗殺もされないし,大統領として初めて,軍産複合体やその背後に反旗を翻せるのだと。

    (ユ▲ヤ人は,昔から軍や戦争に参加しない)
    実はユ$ヤ人系は,昔から軍人として戦争に参加しないというのは結構有名です。

    国際金融のユ▲ヤ人(ハザール?)の考え方として(タルムード),
    神の子であるユ$ヤ人が戦争の最前線に立つのはおかしいというような考え方を持っているようなのです。

    ディアスボラ,つまり特定国に根を下ろさない種族であることも,それを助長したかもしれません。

    軍人の内部には,だから,軍産複合体や金融を動かすようなユ◆ヤ人(ハザール)はいないということのようなのです。

    だから,軍人を味方に付けたトランプは,軍産複合体等やエスタブに動かされないのです。

日本の総理も,もし憲法上自衛隊を直属の機関として掌握出来れば,霞ヶ関官僚や,財界,金融界にも対抗できるようになるかもしれない。

ジャパンハンドラーズにも影響されないかもしれない(彼らだって,命は惜しい)


【三浦瑠麗の二つの提言で,戦争は撲滅】
たしかに,この三浦瑠麗の二つの提言が実現したら,日本では戦争はおこせないし,国としての自律と独立を取り戻せるかもしれませんね。

そして,左翼が常々言っていることは,やはりいずれも正反対でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中