1512 始まった貨幣改革~中央銀行国有化/「日銀・市中銀だって空手形は拙い」?

最近,銀行員の大リストラの予告が発表されました。
AI・人工知能の発展のせいかな,と最初は思いました。

ただ,最近は何百年に一度の変動が起きつつあるようです。
リーマンショックという第二の世界恐慌の反省を受け,
今や,世界中の国々で,債務危機に陥っているそうで,
英国の中央銀行(世界初の民間による中央銀行)の重鎮ですら貨幣制度改革を提唱したり,
→マービング・キング『錬金術の終わり 貨幣、銀行、世界経済の未来 』(リンク有り)
またアイスランド等が中央銀行国有化に踏み切ったりしており,
この流れは加速する一方のようです。

米国でも,ミルトン・フリードマンらのシカゴプランという長く封印されていた新貨幣制度論が大いに活性化するに至っているとのことです。
シカゴ大学は,ノーベル経済学賞受賞者を多く輩出しており,経済学では名門中の名門です。

    私はフリードマンの本をかつて二冊読みましたが,
    その時はシカゴプランの本当の意義は分かりませんでした。
    覚えているのは世界恐慌時の米中央銀行の失策を徹底的にこき下ろしていたことくらい。

    ただ,そうした研究等に連なる成果ががようやく日の目を浴びることになったのかも。

イルミナティ・中央銀行・フリーメーソン illuminaty  CentralBank Freemason


なお,日本では,山口薫先生がその急先鋒のようです。

      貨幣改革,裁判所合歓貨幣から公共貨幣へ

      新貨幣制度-旧制度は普通の銀行でもお金を作れる
      ↑こんなにも多い市中銀行のお金の発行(=預金通貨)

      公共貨幣の秀逸さ

        ↑山口薫先生の講演


【銀行の信用創造がこれぼどとは】
上記の2番目の図をみると,
日銀のみならず,普通の銀行が発行・創り出す預金通貨というものの割合(約86%)の大きさに驚かされます。

経済学者ではないので,余り正確ではないのはお許し戴きたいですが,
準備金10%でよいので,持ち金の9倍の貸付ができるのだと。

こうした信用創造機能,つまりは,お金を無から産み出す
それも,遠くの格上の日銀ばかりでなく,
普通の一般銀行がお金を創り出していると言われるとさすがにたまげますね。

新しいうねりによれば,
こうした信用創造機能こそが,諸悪の根源であり,
インフレ・デフレを引き起こす元凶であって,
世界中の国家や国民を債務奴隷にする制度であるから,
これを順次全廃しなければならないということのようです。

・・・・経済学者ではないので,説明がいまいち不正確なのはお許し下さい。


【誰でも知っている「空手形は悪い」】
私の姉は旧第一勧業銀行の行員をかつてしておりまして,
約束手形係(当座預金係)をしていたことがあるそうです。

姉は,各中小企業に,電話で入金を催促する仕事もやっていました。
「御社の当座預金には間もなく引落予定の約束手形の決済預金が入っていません。
あと〇日までに,御入金になりませんと,不渡りになりますよ。」
と。
すると,こうした電話を受ける企業さんは,
「分かりました。でももう不渡りで結構です。
と力なげに言われる例も多かったと。

言うまでもなく,普通の企業さんは,空手形は絶対に許されません。
手形を発行する以上は,支払期限までには必ず,その手形額面額及び利息に相当する決済資金を当座預金に入金しておかねばならない。

ところが,前記の銀行の信用創造機能からすると,
喩えて言えば,ですが,あたかも空手形が特別に許されているようなものかもしれません。
自分の当座預金額の何倍もの金額の手形(空手形)発行が許されているような話?。

    例えば,普通の民間企業の場合,
    100万円の手形を発行するのなら,利子を含め100万円以上の決済資金が当然に必要。
    100万円の手形を切るのに,その僅か約1/9(+利息)の13万,14万円程度が当座預金に入っていれば良いのではない。

こんなの,断じて許せませんよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中