1491 実は公務員・Zm省一人勝ちの2017年衆院総選挙

安倍総理は,消費増税を否定しないで,使い途を変えると言って,
政権を維持しました。

立憲民主党は,消費税賛成・緊縮財政で,大きな勢力を保持しました。

山尾志桜里議員は,無効票が異様に多く不正選挙のニオイ

公務員の改革等を訴えるような,改革政党である維新は議席を減らしました
日本のこころは絶滅危惧
(みんなの党や次世代も全選挙までにほぼ消滅)

希望の党も,ほとんどが旧民進党の勢力で,公務員改革の勢力や正しい保守の勢力は弱い。

旧民進は,なんと105人も当選したということです。


【安倍政権は,消費税以外,増税の嵐】
実は,安倍政権は,消費増税を何度か先送りしたものの,
増税等は重ねてして,国民を苦しめて来たようです。
1 年金支給額の0.7%減
2 国民年金料引き上げ
3 厚生年金保険料引き上げ
4 高齢者の国民保険料引き上げ
5 固定資産税増税
6 贈与税の増税
7 難病患者の本人負担を大幅引き上げ
8 配偶者控除の廃止
9 主婦年金廃止

結局,安倍政権もZm省のてのひらの上で躍っていた。


【野党も安倍辞めろしか言わない】
立憲民主党とかのリベラル左翼は,
安倍を辞めろ,としか言いません。

これもお役人には本当に好都合です。


【「選挙は国民ではなく開票人が決める」】
スターリンの唯一の名言と言われるものに
「選挙は国民・選挙民ではなく,最後の開票人が行方を決める」と言ったそうです。

山尾の不正選挙疑惑と言い,
かつてからあった不正選挙疑惑
公務員への批判勢力の落選,
結局,選挙は公務員支配の賜物?
→後注)


【大都市調整手当の廃止だけでよい】
ところで,公務員改革を言うとしても
余りに大胆なことを言っても,始まらないと思います。

大きな事を言って小さい事を通す手口かもしれませんが,
ただ,余りにも大きな事を言っても国民は誰もついてこないと思う。
・・・・国民は,「そんなのはなからできっこない」と思ってしまうので。

大都市手当(東京の場合給与20%増し)という異様な制度を無くしたらよい。
ただそれだけだと私は思う。

    たったそれだけで,莫大な予算が確保出来,中央集権は緩和され,
    地方への省庁移転も可能になる(移転費用が捻出できる)

    公務員改革の中では最も簡単で,かつ相当の効果を上げるものだと思う。
    国会議員にしても,参院を廃止するとか,歳費三割カットとかの所謂「身を斬る改革」というほどのものではないので,実は簡単だと思う。
    (何なら,政務調査費を月額100万円から110万円に増額することで,議員の大都市手当削減の抵抗感をなくしたってよい)


    後注)
    安倍政権を牛耳るお役人は高給官僚(Zm省官僚)
    立憲民主党(旧民進党議員)を支えるのは,公務員労組

    つまり,どちらも公務員様には逆らえない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中