1471 国の借金:国民1人800万円の借金なら,UFJ銀行員は1人25億円の借金

高橋洋一先生の以下のブイによれば,
Zm官僚は,商業高校で習うような複式簿記すら分からないんだそうです。
(東大法学部出身で,エリート気取りのため,商業高校やそこで習う簿記を見下げているから?)

    実は,私の長姉は,商業高校を首席で卒業して,今のUFJ銀行に入りました。
    そして,後に大卒で同じ支店に入行してきた男性と出会い結婚しました。

    夫は商学部を出ており,優秀ではありましたが,簿記が分かりませんでした。

    それで,商業高校で簿記一級を取った私の長姉が,デート中に教えてあげたそうです。

    結婚前の支援なので,いわば,開業準備行為的な「内助の功」ですね。

    実は行員でも大卒は皆そんなものだったらしいです。
    (私の二番目の姉も,商業高校卒で,当時の第一勧業銀行に入行。
    やはり短大・四大卒の女子行員よりも簿記はできました。)
    →後注)


【UFJ銀行員は,1人あたり25億の借金?】
さすが高橋先生,
「Zm省が,国の借金ばかりを見て,国民1人あたり800万円の借金があるなんて言うなら,UFJ銀行員は,1人当たり25億円も借金があることになる。」と。

      また曰く,
      「相続の時だって,親の負債と財産の相互をみて,相続放棄したり,限定承認したり,そのまま相続することにするかを決めるのは常識。誰でも分かること。
      なぜ,このような当たり前の常識と違うことをZm省は言い,日経は書くのか」と。

毎度毎度,本当に痛快ですね。


    後注)
    かく言う私も,実は,複式簿記は習ったことはありませんでしたが,
    司法試験の科目で会計学を選択したので,会計学は分かります。
    会計学は当然複式簿記を前提としていますので,複式簿記の用語程度はわかります。

    もちろん,毎年青色申告をやっています。
    その時もやはり会計学で勉強したことがかなり役立っています。

    裁判の仕事でも,損益計算書や貸借対照表が証拠でてくることはよくありましたが,
    特に困ることはありませんでしたし,必要に応じて調べれば解決しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中