1460 肺ガンや大腸ガンはあるが,心臓ガンや小腸ガンはない/米国は100人中3人しか抗がん剤を使わず

ガンは,42度で消滅する,風呂でも消せるというのは,以前紹介しました。

その上で,面白いブイを見つけました。
このYouTuberは私は苦手だけど,このブイはよくまとまっていると思います。

    ・抗がん剤には「発がん性がある!」と添付文書に赤い字で小さく書いてある。
    ・(マスゴミは口を閉ざすが)小林麻央は,最初に抗がん剤を投与されている!

    ・米国は抗がん剤の問題を知っており,100人に3人しか抗がん剤を使わない。
     従って,その余った米国の抗がん剤の在庫処理場として日本が選ばれている。

    ・病理所見をわざとすり替えて,ガンでない人にガンだと宣告する医師もいる。
    ・・・・ノルマや金儲けのために。

    ・一人ガン患者を作ったら平均4000万円の治療費・・・・医師は大儲け。

    ・お風呂を止めてシャワー文化の浸透で,ガン発症率を高めた。
    ・抗がん剤を止めたことで,生還して元気にバリバリ働いている人は枚挙に暇がない。

    ・MRIは,日本語名は核磁気共鳴といって,極めて危険・・・・「核」
    しかも,米国の30年遅れの在庫を日本は使わされている。

    ・東大出の名医師でも,間違っていた。

    ・脅してせかして,代替治療は無駄だ,セカンドオピニオンは無駄だと急がせて,殺す。家族を説得して,家族から本人に急がせる手口も併用

    ・Dr.レオナード・コールドウェルは,「すべてのガンは90日以内に治せる」と。


【温度の高い臓器は発ガンしない】
面白いことに,
肺ガンはあるが,心臓ガンはない。
直ぐ隣にあるのに転移もしないとは。

大腸ガンはあるのに,小腸ガンはない
・・・・小腸は大腸に連結されているのに。。。

これらは,温度の高い臓器なので,ガンにはならないということです。

また,発がん後に,別の高熱の病気に罹患した人は,決まってガンが治ったという。
・・・・究極の「毒を以て毒を制す」ですね。

それはともかく,お風呂にはゆっくり入りましょう。
温泉もドンドン行きましょう。


【参考:Dr.レオナード・コールドウェル講演】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中