1437 時効も夜逃げ屋本舗も要らなくなる?民事再生/債権者も八割カットでも有り難い?

弁護士なら,職業柄大抵,中村雅俊主演の「夜逃げ屋本舗」は見るのではないかと思います。
私は,テレビや夜行バスの映画上映でみた程度ですが。

債権者の方々にご迷惑をかけることは重々承知の上で,仕方なく夜逃げをする。
それを中村雅俊ら演じる夜逃げ屋本舗がお助けする。

実に日本的な映画だと思います。

ただ夜逃げ屋本舗は,連作でありますから,日本では弁護士のみならずそこそこ人気があるということです。

こんな映画や小説は世界的にはあり得ないと思いますが。。。。
日本は西欧とは違い奴隷制もなかったし,基本的に民主的(浪花節的?)なんだと思います。

    夜逃げ屋本舗のよう話を擁護するわけではないのですが,
    ただ,借金で自殺するようなことは本来決してあってはならないはずです。
    借金を苦にしての自殺は,自殺理由の常に一位二位を占めているのです。


【やはり夜逃げに近い方はいる】
弁護士をやっていると,まあ実質夜逃げしたのかな,
正確に言うと,転居に転居を重ねてきたのかな
というお客さんはいらっしゃいます。

もちろんサラリーマンで転居転職を重ねただけでは,
債権者は,住民票等を追跡することで,請求をすることができます。

しかし,自営業等の方だったり,妙な手段を使うと(お薦め出来ません),
なんとなく転居先を追求できなくなってしまう場合もないではない。

そして,最後弁護士のところに来るのです。
「もう時効になっているはずです」,とか,
「やり直したいので債務整理をして欲しい」と。

時効も,破産,そして民事再生個人再生も,負債を綺麗にする手段です。


【時効は逃げ回ることを暗に認めた制度?】
こうした夜逃げ事例をみる限り,時効はうまく逃げ回ることを暗に認めた制度にもみえます。

よく破産はモラルハザードだと言います。
私はその用語は大嫌いです。モラルよりも法律の方が上だからです。
ただ,百歩譲って,時効制度の方が,モラルハザードの用語にはよりあてはまると思います。

うまく逃げないと時効にならない,なら,反道徳を推奨しているかにもみえなくもありません。

そんな制度よりも,早く正道に帰ることを推奨する制度が必要なはずです。


【時効よりも個人再生がベターではないか】
私は,最初のころは,こうした方の場合,時効制度の利用をお勧めしてきました。
弁護士としては普通です。

また依頼者が時効を望む場合に,別のやり方を押し付けることは弁護士倫理上許されません。

そして,法テラスも,時効を利用できる場合には,個人再生や破産は認めないという方針であり,それを弁護士に押し付けています。

ただ,時効は,権利であって義務ではないので,いつでも時効の利益を放棄して弁済をすることは一向に差し支えない話であり,法テラスの運用は間違いです。

それはともかく,最近,私は,時効よりも個人再生をお薦めした方が良いのかなという気になっています。

    時効だなんていうと,むしろこれまで逃げ来た対応と変わらないので,今後も逃げればよいというだけになります。

    むしろ本人としては,最初から踏み倒すつもりがあったのではなく,やむなく逃げただけであり,本心は,申し訳ないと思っている場合もあるかと思います。

    私は,個人再生が広まることは,言ってみれば,自殺はもちろん,夜逃げすらしなくても良いことになるのではないか
    一旦夜逃げしても,反省してやり直すきっかけになるのではないかと思います。

夜逃げにせよ,その延長線上としての時効制度利用,
そして元からあった破産免責制度の活用では不十分だった。救えてなかった。
(破産は,借金の理由によっては,免責が認められません。)
そんな何かを,民事再生・個人再生は埋めているような気がします。

破産というのは,実は本人も嫌なのです
(もちろん自殺は絶対にだめです。)
だからなんとなく,仕方なく,逃げる・・・・。

そんな方々に,救いの手を差し伸べる機能が,個人再生にはあるように思います。


【債権者もむしろ歓迎?】
民事再生を何件かやっていて,ほとんどの場合,債権者は好意的です。

理由は分かりませんが,逃げたり,その挙げ句の時効援用よりは,遙かによいのも間違いないことです。
ただ逃げている場合には,不良債権化して残るだけです。
時効の場合も,少なくとも時効期間以上は,長いこと不良債権化しているということですので,こうした(追跡等)作業も馬鹿にならないということだと思います。


【民事再生は基本はラクラクの八割カット】
民事再生・個人再生は,基本八割カットですので,
つまり二割を3年から5年で弁済するワケですので,
普通は無理なく弁済できます。

夜逃げや自殺とか破産という極端な話でないのが最大のメリットでしょうか?
二割でも払うのなら,払う側は,良心の呵責はありません。
しかも逆に八割カットではお得感がないなどということはありません。

また,債権者側も,全額回収できないのは困るとはいえ,
逃げられたり,自殺されたりされて無回収になったりするよりはよい。
不良債権化したまま居場所を突き止める苦労も大変だ。

民事再生(個人再生)は実は大変によい制度なのではないか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中