1424 獣医学部より真に無駄だった法科大学院の新設/見誤ったのは需要見込だけじゃない!!

今,加計問題に代表される獣医学部新設拡大問題について,
特に法律家需要予測に関し法科大学院と比較して論じる向きがあります。

法科大学院は,文科省が明らかに需要見込みを誤ったと。

    ただ,これに対しては大変有力な批判が有ります。
    すなわち,文科省が,市場予測,つまり獣医の需要見込みや法律家の需要見込みを予め分かるわけがなく,だからこそ自由化こそが善なのだと。

    ノーベル経済学賞を取ったミルトンフリードマンがそれを言っています。


【でも大学院を完全に新設はやり過ぎ・・・・制度の変えすぎ】
ただ,司法制度の場合には,従来法科大学院は一校もなく,司法試験一本でした。

もし,司法試験一本のまま,合格者を500人から1500人に増やすだけであれば,
獣医学部の新設と余り変わらない議論かもしれません。
自由主義の観点からは。。。

しかし,法科大学院の新設とその過剰さは,やはり問題でした。
これまで司法試験だけで良かったのに,
500万円~1000万円も追加して,法学部の他に,もう一つ大学院に行かねばならない制度を作ったことです。

    四年生大学に出すだけでも,今や大変なのに(学費年100万円)
    どうして,更に500万円から1000万円もかけられるというのでしょう。

    法律家需要の市場予測は仮に困難でも,
    そんな馬鹿げた大学経費を掛けて教育できる親がどれだけいるかは容易に知れると思います。
    ただでさえ,長引く不況で親の給与は減っているのです。
    入学希望者確保という意味での市場動向は完全に見誤りました。

この点では,完全な制度の設計ミスです。

しかも,こうした弁護士市場参入への足かせを自由主義の当然の帰結と言えますか?
フリードマンなら,こうした馬鹿な足かせは大いに非難なさるでしょう。
自由主義の帰結というのであれば,むしろ前記のとおり,従来型司法試験の中でその合格者を増やすだけにすべきでした。

もし,どうしても法科大学院の設置をするというのであれば,せめて今の経費の10分の1程度,
50万円から100万円までに抑えるべきでした。


【実務教育機関がないことの見通しの甘さ】
司法試験合格後の法律実務家の養成は,伝統的に,徒弟制ないしOJTしかありませんでした。

早い話,イソ弁として既存の法律事務所への就職が必要でした。
先輩弁護士の事務所にお世話になって,何年も修行をしてやっと一人前になれたのです。
法律の本や判例だけを勉強しても,真の実務家には育たないのです。

司法改革当時実動弁護士は1万5000人であり,
事務所数にして1万前後だったと思われます。
多くが1人や2人の弁護士による法律事務所です。それが1万所程度しかなかったのです。
それでなぜ3万人も4万人も法律家の卵を受け入れられるというのでしょう。
余りにも馬鹿げています。

この新人法律家の受け入れ先の法律事務所の計算や予測も間違っていました。
っていうか,そもそも司法改革当時,弁護士達からの意見は一切シャットアウト。
現場の意見を聴かなければ間違うのは当然のことです。


【制度設計のミスは,法テラスの抱き合わせ】
更に間違いだったのは,法テラスを法科大学院と抱き合わせ設置したことです。

弁護士が増えれば,それだけでも徐々に料金の価格破壊は起きます。
自由市場に委ねることで需給バランスが調整されるからです。

ところが,法テラスは,自由なる需給バランスによる価格ではない
徹底的なたたき売り値段で,弁護士費用の価格を押し下げました。

これは自由主義ではなく,社会主義的価格統制です。

なぜ,市場の門戸開放と,価格統制とが両立できるのでしょうか
前者は自由主義,後者は社会主義です。

もし自由主義のみを貫いていたら,これほどの窮乏化は発生しなかったし
それでも緩やかな価格低下はあったはずです。

価格下落がドラスティックに過ぎるのです。

自由主義の理論を前面に打ち出しながら,これと相容れない社会主義を持ち込むから問題が起こったのです。


【自由主義と社会主義のちゃんぽんにすることこそが間違い】
以上を要するに,自由主義による市場開放と言いながら,
結局,足かせを設けたり社会主義的なシステムを組み込んだりという,設計上の大ミスがあります。

矛盾する思想をちゃんぽんにして制度を作る,
これを制度設計のミスと言わずして,何だというのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中