1423 フェイクニュースの集積がフェイクヒストリー!?

馬渕睦夫さんが,まことに当を得た発言をされました。

    フェイクニュースという物の存在が世界中の人々に知れるようになった。
    しかし,フェイクニュースがあるように,フェイクヒストリーという偽歴史がある。
    今年10月はロシア革命100周年だ。
    この欺瞞の歴史が今年曝かれるだろう。

    メディアとは,プロパガンダ機関でしかない
    しかもそもそも単なる商売機関である。
    そんな商売団体が,報道の自由という特権を振りかざし,
    フェイクニュースを垂れ流し,かつフェイクヒストリーを書き上げていくのは問題だ。


【憲法でも商業言論は保障の程度は低い】
実は,憲法の議論でも,
最も重要な人権であるところの「表現の自由」とえども,
単なる商売の道具としてなされたときは
「表現の自由」の優越的地位はなくなり,むしろ強い法規制の対象となるとされている。
これはどの憲法の教科書にも書いてある。

    典型例が,商売言論としての広告表現
    これは,消費者被害等の問題も起きるので
    重要説明事項等の関係も含め,まさに法規制の対象となる。

良からぬ勢力からの,
場合によっては国外からの反日組織からの
金にまみれたマスゴミ報道が,
憲法が本来予定した「表現の自由」の価値を体現したものとは到底いえない。
→後注)


【フェイクニュースの集積がフェイクヒストリー】
マスゴミのフェイクニュースは,
今に始まったことではなく,メディアの発祥とともに常にありました。
嘘を確かめる手段が昔は国民になかっただけで,嘘ニュースは今も昔も同じです。

そもそもメディアを占拠していたのは,各国の良心ある国民ではありませんでした。
大抵は,その国に何の愛着も責任感もないグローバリストでした。
国際金融独占資本でした。

その反国民メディアが,偽ニュースを垂れ流し続けて今日に至るということです。

つまり,フェイクニュースの集積はフェイクヒストリーにつながります。
フェイクニュースの集積・悪意の体系化がフェイクヒストリーです。
嘘を嘘で塗り固めるということです。フレームアップです。
→後注2)

マスコミさえ所有すれば,どんな嘘でも世界に喧伝できる。。。
だからこそのフェイクニュースであり,フェイクヒストリーなのです。
根は一緒です。

    フェイクヒストリーの最たるものはロシア革命です。
    そこでは,夥しい数の愛国ロシア人が虐殺され,革命を企てた外国勢力だけが得をしました。
    ちょうど,湾岸戦争やイラク戦争のようなふざけた話です。

    ロシア革命をめぐる報道や歴史の欺瞞性や本当の問題点
    そして共産主義革命の真髄とは何なのかが曝かれた時,
    世界はひっくり返るほどの衝撃を受けると思います。


    後注)
    しかも,もし偽ニュースで,政府を転覆させれば,むしろ私企業による国家転覆行為にほかなりません。


    後注2)
    実は日本に限らず,マスゴミは各国で自虐史観を植え付けて,その国力を弱めます。
    それが金主であるグローバリストに好都合だからです。

    愛国政治家が,マスコミの総攻撃を受けて,失墜したとき,
    最も得をするのは,金主の方々です。

    日本や世界の人々を救う世紀の大発見の小保方さんがマスゴミにより失墜した時,やはり得をするのは,やはり金主の面々です。

      (参考)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中