1412 どうせなら加計よりパソナ竹中・種子法廃止問題で安倍内閣を責めたら?

2日間の閉会中国会審議を経て,野党は良くやったと言えるでしょうか。

なるほど,一見不自然な答弁や過去の答弁に矛盾する答弁を引き出したという点では,
「今までよりは」頑張ったのかもしれません。

しかしながら,そもそも追及するネタが悪すぎます。

    前回も述べましたが,行政の厚い壁に狭まれ
    加計しか応募がないようになっていた中では,
    しかも四国に欠落した獣医学部の新設,そして,鳥インフル・狂牛病等対策の大きな必要性の前に,新設を拒む理由がないわけです。
    それも15回も申請して全部却下

    こんな事例で,多少のアヤシイ点を見出しても,そんな些末なことはどうでも良いというかんじにしかなりません。


【ネタはそれではない】
もし特区の関係で安倍政府を追及するとしたら,
10年越しで取り組んできた愛媛県や今治市・加計孝太郞以上に
パソナの竹中平蔵が如何にも特権を利用しているとしか思われないことを追及すべきです。

そしてそれ以上に,種子法廃止が大問題です。
世界規模で種子が買い占められ,遺伝子組み換え食物や農家の自殺で知られる問題についてです。
歴史ある日本の種子,日本の国土や風土のために開発された種子をなぜ海外企業に無償提供しなければならないのか
なぜ,みすみす自分達のなけなしの貴重な財産を明け渡すのか
まったく理解に苦しむことがあるわけです。

食の安全は,日本中の主婦の関心事です。


【出来レース?】
こうしてみてくると,野党は,精一杯パフォーマンスしたという程度であって
本気ではない,出来レースだなと思ってしまいます。
結局,野党も,様々な内外の勢力に忖度して,
大声を出しやすいところで大声を上げただけ。

のみならず,結局,おかしな官僚制度がそのまま維持される方向で持って行っている

元々私は,別に安倍内閣を何が何でも倒すべきとは思っていない。
ただ,第二次内閣発足時のこころを忘れているので,
志がねじ曲げられていることを残念に思うだけです。

とはいえ,安倍信者でも拙いので,
もし国が良くなるように,安倍内閣を追及するとすれば,
野党としては,パソナの竹中問題とか,種子法廃止の方がよいし,
もっと言えば消費増税後の景気低迷や,
機動的な財政出動(アベノミクス第二の矢)をしていないことについて
(アベノミクス第二の矢の撤回の理由について)
大いに声を上げてくれたらよかったと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中