1409 財務省の倒閣運動 デフレ容認派の矢野康治が高官でいいの?消費税12%必至

社保庁の失われた年金自爆テロに
文科省の元事務次官はビーチ前川の歪んだ行政を防衛しての逆恨みの内閣攻撃,
そして,これから始まる財務省による倒閣運動

    そんなにお役人って偉いのかよって感じ。

    日本版ディープステート問題だよね,エスタブリッシュメント問題。

    国民が知れば,場合によっては,倒省運動を起こしたくなるほどの?大問題ではないか。

      恒例:財務省ダービー

財務省は次期事務次官の更に次の事務次官候補として,矢野康治を要職にスタンバイさせて,まずは邪魔な安倍内閣の倒閣,そして大増税を計画しているようです。

最強の安倍を倒せば,増税なんてお茶の子さいさいだということでしょう。
(例外は小沢一郎くらいしか残っていないが,彼が如何にキッシンジャーに好かれているからといって,総理になることは難しい)


【デフレ原理主義の増税原理主義】
この矢野という人物は,お役所的には優秀であり,財務省のホープかもしれませんが
我々国民には困った人です。

何しろ,矢野康治は,デフレこそが日本をよくすると信じている。
・・・・んな,馬鹿な(公務員だけだろ,得するのは)。

その上で,消費税12%を密かに計画している模様。
(次の事務次官で10%,自分が事務次官になったらさらに12%へ
・・・・その際軽減税率を併用してごまかす予定のよう。)

    200万円の車を買えば,24万円の消費税

    3000万円~4000万円の家なら,360万円から480万円の消費税

    消費税だけで約500万円なんて。。。
    500万円あったら,3,4人の家庭なら3年くらいは暮らせる生活費に相当する金額

ちょっと,今風に揶揄すればサイコパス??とも思える人,
それも財務省のエースとして登場するというのですから,戦々恐々です。


【政府の方針に反する役人を高官に据えて良いの?】
ただ,如何に優秀な人であっても
国民から選ばれた議員からなる政府がデフレ脱却を悲願としているのに
その重要な職員ポストに,デフレ万歳を叫ぶ人がいて良いのかは大いに疑問です。

それこそ,早期退職願うか(退職金は1.5倍になる),
でなくとも米国に長期留学でもしていただいた方がよい。
IMF理事は,実は財務省ポストだというのであれば,そこにご栄転して貰っても良い。

安倍総理は,早く抵抗勢力の芽を摘み取って欲しいですね。

    参考:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中