1393 前川元文科次官質疑 告示は最高裁で争った方が早かった?(憲法学者に聞こう)

とうとう「後ろから前川」元文科相事務次官の質疑が行われました。

自民党青山繁晴議員や同平井?議員の質疑は見物です。
特に青山さんのほうは,
後ろから前川と並んでの加戸さんも併せて意見を言うことになっており
大変に興味深いものでした。

        ・・・・加戸さんによれば,薬学部は,近時爆発的に増やされている不公平があるという。
        →後注)


【しかし加計だけでも10年越し】
しかし,告示などと言う,何の法的根拠もないのに,
文科省が権限を独占し,獣医学部の新設を拒否し続けて52年

しかも加計だけでも10年越しの取り組みで,今度ようやく叶ったという。

しかしながら,加計にしてもそもそも10年もかけるような話しではないですよね

どう見ても。


【不許可を最高裁まで争った方が早くね?】
10年も前というと,アホな小泉が司法改革を断交し,
法科大学院が乱立して,親御さんに多大な教育費の負担を強いたのでした。

それで漁夫の利に与ったのが文科省です。

であれば,返す刀で,加計さんあたりが,3年ぐらいは折衝しても
その後は行政訴訟をして,最高裁まで争えば通ったのではないかとすら思われる。

最高裁には,薬局の距離制限の法律を違憲無効とする有名な判決も有る。
50年間も新設できない理由なんてのはない。
しかも評判の悪い司法改革直後の話だ。

何よりも何よりも,告示などと言う意味のないものは憲法違反ではないか。

少なくともこの告示による不許可の運用は違憲ではないのか。

青山さんの質問にもあるとおり,
立証責任云々もあるが,
それは裁判で決着できたのではないか。


【違憲無効の方が効果は大きい】
そんなこと言ったって,実際問題としては難しいと仰るかもしれません。

ただ,最高裁による違憲無効の方が,効果は絶大です。

立法府や行政府は,ぐうの音も出ません。

先の薬局距離制限違憲判決の後がまさにそうでした。


【憲法学者は自衛隊違憲なんかを言うよりも】
今や日本では蔑視の対象にすらなりかけている憲法学者ども。
自衛隊が違憲だとか。
諸外国との憲法比較はひたすら避けて避けて70年。。。

そんなことより,文科省の当該告示が違憲無効かをもっとよく議論したらどうだ。
使えない人達だ。


    後注)
    なお,薬学部,法科大学院のみならず,
    私の甥によれば,公認会計士も増やされているという。
    私の甥は,神戸大学卒であるが,定員がどんどん増やされているので,
    公認会計士になれても仕事にありつけるか分からないと言って,親に説得されて公務員に。

    余りにも不公平な対応,違憲無効の告示である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中