1388 もし米国に流行語大賞があったら「フェイクニュース」「ディープステート」「ペドファイル」

流行語大賞なるものは,
日本独自のものだと思います。
米国のような自由な国をタテマエとする国ではあり得ないと思います。

ただ,こうしたことをメディアがすると
メディアの総元締めというか,所有者は,
「でかした」「よくぞやった」とお褒めの言葉をくれたのではないか

メディアとは,国民煽動の道具であり
エリートが,エリーティズムを謳歌するためにあるのですから
これをやってくれるのはむしろ有り難いのです。
メディア,背後のエリートに都合の良い言説が「流行語大賞」になるまで人口に膾炙させることになれば,大成功というわけです。

なお,エリート主義に対する言葉が,言わずと知れた『国民第一主義』です。


【米国の流行語を挙げるとしたら】
米国の流行語を挙げるとしたら,
文句なしが「フェイクニュース」ですよね。

次が,ドレインスワンプ(ワシントンの泥沼を吐き出せ)
かもしれませんが,
最近はそれよりも「ディープステート」の方がよく使われているようです。

極めつけが「ペドファイル」
幼児性愛犯罪(誘拐売買,強姦虐待等)
米国エリートの犯罪の巣くつ・病巣を指しています。

今や全米で3500人も逮捕されているといわれています。


【トランプそのものが流行語大賞?】
これら3つの言葉は,トランプの登場で出てきたものです。

いわば,トランプそのものが流行語大賞でしょう
全米,否,世界流行語大賞。
今年も,来年も,再来年も。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中