1372 「万機公論に決すべし」を忘れた総理記者会見:専門性と民主主義は全く別物

安倍総理の6月19日の記者会見の酷さと言ったらなかった。

総理は,根本的に間違っている。
専門性と民主主義とは別物である。
専門的に正しいからと言って,民主主義に裏打ちされているとは限らないのに,これをごまかしている。

しかも,総理は,「日本を取り戻す」と言っていた。
にもかかわらず,明治天皇の「万機公論に決すべし」を無視している。
聖徳太子の十七条憲法の精神にも真っ向反している。

ただ,独断と偏見で自分だけが一人ドリルの歯になった積もりになって,徒らに猪突猛進するのみである。


【納得できない総理の記者会見(各論)】

『しかし今,鳥インフルエンザ,口蹄(こうてい)疫など,動物から動物,さらには動物から人にうつるかもしれない伝染病が大きな問題になっています。専門家の育成,公務員獣医師の確保は喫緊の課題であります。
そうした時代のニーズに応える規制改革は,行政をゆがめるのではなく,ゆがんだ行政を正すものです。岩盤規制改革を全体としてスピード感をもって進めることは,まさに総理大臣としての私の意思であります。』

    →でも総理一人がしゃしゃり出るのは拙速そのものです。




『当然,その決定プロセスは適正でなければなりません。ですから,国家戦略特区は民間メンバーが入り,諮問会議や専門家を交えたワーキンググループにおいて議論を進め,決定されていきます。議事はすべて公開しています。」

    専門家かどうかと民主的ルールを担保しているかとは全くの別もの!。




『むしろ,そうした透明で公平公正なプロセスこそが内向きの議論を排除し,既得権でがんじがらめとなった岩盤規制を打ち破る大きな力となる。これが国家戦略特区であります。
半世紀ぶりの獣医学部新設についても,審議に携わった民間議員の皆さんは「プロセスに一点の曇りもない」と断言されています。』

    →自分で自分を間違っているとは誰も言わない。
    仮にそうでなくとも民主主義に則らなければ無意味!



『まさに岩盤規制改革の突破口です。
しかし,この特区制度について,この国会では民進党の皆さんから,制度自体を停止する法案が提出されました。改革を後退させようとする発想であり,誠に残念でなりません。』

    →総理個人は,でしょう?
    こんな不公正な,非民主的な手続は,日本の古来の伝統に反します。
    『万機公論に決すべし」という言葉を知らないのですか。
    聖徳太子の十七条憲法を読まれましたか?



『岩盤規制の改革には抵抗勢力が必ず存在します。しかし私は絶対に屈しません。既得権と手を結ぶことも決してありません。今後とも総理大臣である私が先頭に立ち,ドリルの刃となってあらゆる岩盤規制を打ち破っていく,その決意であります』

    →だから,総理一人がドリルの歯となるから民主手続上問題なんでしょうに。



『この国会では,長年実現してこなかった返還不要,給付型の奨学金制度を新しく創設する法律も成立しました。児童養護施設や里親の下で育った子どもたちなど,経済的に,特に厳しい学生を対象に既に運用を開始しています。子どもたちこそ,わが国の未来であります。この通常国会はまさに未来を開く国会となりました。どんなに貧しい家庭に育っても,希望すれば高校にも専修学校,大学にも進学できる。子供たちの誰もが夢に向かって頑張ることができる日本でなければなりません。
そして,若者もお年寄りも女性も男性も,障害や難病のある方も,一度失敗を経験した人も,誰もが生きがいを感じ,その能力を思う存分発揮することができる1億総活躍の日本を作り上げていかなければなりません。その本丸は,あらゆる人にチャンスを作ることであります。家庭の経済事情にかかわらず,高等教育を全ての子供たちに真に開かれたものにしていく。リカレント教育を抜本的に拡充し,生涯にわたって学び直しと新しいチャレンジの機会を確保する。これらに応えるため,当然,大学のあり方も変わらなくてはなりません。人づくりこそ次なる時代を切り開く原動力であります。これまでの画一的な発想にとらわれない人づくり革命を断行し,日本が誰にでもチャンスがあふれる国に変えていく。そのエンジンとなる有識者会議をこの夏立ち上げます。』

    →種子法廃止の主犯格は首相ですよね。閣議決定ですので。
    それで,種子が10倍の値段になり,食費も高騰するばかりか,モンサント系が,遺伝子組み換えで,経済的弱者の健康はガタガタになるおそれのある暴挙をなした。そんな中で,人作りだ,再チャレンジだ,一億総活躍だと主張するのは,その前提に欠ける。



『いわば「みんなにチャンス! 構想会議』であります。そのための体制を来月中に整えます。憲法施行70年の節目である本年,次なる70年,その先の未来をしっかりと見据えながら,人づくり革命の実現に向けて,総合的かつ大胆な戦略を構想したいと考えています。」

    →もういいですよ。そんなごまかしはもう沢山だ。


【種子法廃止は,日本を,歴史伝統を全部壊す】
私がどうしても許せないのは,種子法廃止という,日本人の食の安全や基盤を完全に破壊してしまう暴挙をしたこと。
日本の歴史や文化伝統まで破壊する危険があることを,平気な顔して閣議決定をし,権力にあぐらをかいて法制化をしたことだ。

売国奴。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中