1354 画面自在切取り-クラウド保管サービスって,危険なニオイ

私は,パソコンのプログラミングの簡単な物ならできますし
また,Excelマクロは自在に使いこなせますし,作品も多数有りますので,
基本的にパソコン好きであり,
良いソフトやサービスは探すようにしています。

そんな中,主にネット検索した時のデータ保存を便利にするソフト,そしてそれのクラウドサービスがあるのです。

ソフトウェア:
パソコン上に映し出されたお好みの画面を,好きなだけ切り取る画面カッターというソフトであり,私もそれを活用しています。
一太郎30周年についてきたソフトが便利です。

    キーボード操作でも,
    プリントスクリーンキー単体もしくは,これとALTキーを組み合わせれば
    全画面ないし特定のソフトのウィンドウのみのクリップボードコピーができます。

    それを例えばPhotoshopや一太郎やワードにコピペしてもそこそこ使えます。

    ただ,任意の範囲を指定できる画面カッターは,やはり便利です。


【しかしこれをクラウドサービスでする必要はあるの】
ソフトウェアとしての利便性は理解できます。

しかし,これを一々クラウドサービスに飛ばして,保存してもらう必要が何処にあるのでしょうか。

単に,魚拓的にサイトを保存するだけのことで,一々クラウドサービスを利用するまでもないように思います。

毎日大量に,データ収集する方でも,一緒のことではないのでしょうか。


【収集データの傾向性の流出は?】
私が心配なのは,そうやって,収集したネットデータ等をクラウドにアップしてくれたら,それらやその傾向等は全部横流ししますよと,言っているようにしか聞こえないのです。

今やパソコンは,ワナクライも含め,乗っ取り等の問題もある危険なものになっているのかもしれません。

おそらくテロ等準備罪も,政府見解はともかく,要するに,遅かれ早かれネット通信やラインを捕捉して取り押さえるのではないか

Facebookのザッカバーグは,「皆せっせと個人情報をアップして,馬っ鹿じゃないの!?」と言ったとか言わないとか。
少なくとも「私は,Webカメラに監視されたくないので,カメラの上からテープで塞いでいる」と述べている。

そんな中,なぜ,自分がネットで探しあてた情報を,一々クラウドサービスにアップしなければならないのか,私にはまるで分かりません。


【その他のクラウドサービスの落とし穴】
これはついでの話ですが,
私がクラウドサービスをしようかどうしようか迷っている時に見聞した事実を述べます。

見ていて変だなと思うのは,途中でサービス内容を勝手に変更してくる様子なのです。
最初は無料のクラウドサービスだったり,
あるいは有料でも,破格の大容量のサービスだったりと
耳障りのよい話がやたら多いのです。

ところが,1年後にまたサービス内容を確認すると,それが随分変わっていたりするのです。

料金10倍化の例もあります。
例えばこれまで大容量HDDに貯まっていたデータを,格安サービスに全部アップした人がいるとします。
ところが,契約して一年後に,料金を10倍に上げますと。
「新契約内容に納得がいかないのなら,解約して下さい。もちろん全データはご自身で責任を持って退避させておいて下さい」

「えっ!?」となりませんか。

それでも法律的には,単なる契約更新の際の条件変更にほかなりませんから,
将来の契約更新時期以後の料金改訂は10倍でも理論的には可能かもしれませんが,
客からすると途中から急に値上げになった感じを受けるわけです。

しかもデータを退避させる手間を惜しんでいたり,忙しくて対処できないと,料金は10倍分も引き落とされる。
データを退避するには,場合によってはHDDを買い直さねばならない場合が出てくる人もいるのではないか(クラウドを始める際に処分してしまった場合)

無料で始まったサービスもそうです。
あれ,25GBまでは無料だったのに,なぜ7GBに縮小されているの?といった例。
ということは,放っておいたら勝手に?消去された例もあるのではないか。
あるいは,元々無料の範囲だった容量を使うだけであるのに,泣く泣く有料契約をした方もいるかもしれません。
→後注)

    ですので,私はHDD派です。
    今なら2TBの外付けHDDでも1万円程度です。
    4台のパソコンに全部それを導入しても4万円です。
    また,横着せずに,そのくらいバックアップ体制を取っておけば,データ喪失の危険は少なくともありません。

    私は,「iPhone一つで生活している,クールでしょ?」という考えには与しません。
    Excelマクロを使わない方,使えない方の御主張でしょ?
    (ここはひろゆきさんの意見に賛同しています。)

    現にiCloudの有料サービスは馬鹿高いじゃないですか。

なお,これはクラウドサービスに限らないかもしれません。
ネットサービス全般,とりわけあくどい米国サービスには多いかもしれません。


【最初の一週間は利子無料のサラ金と一緒?】
私は,これを見て,
ああ,以前流行ったことのある
「最初の1週間は利子無料」を謳うサラ金と一緒だな,
危険だなと思いました。


    後注)
    中には,やはり苦情の多いサービスもあります。

    解約のためのページが全くなく,そればかりか,あちこち探している中,
    「ここかな」「ここかな」と思ってクリックする中,
    逆に新しい追加サービスをクリックしてしまうように「仕組まれた」?悪徳サービスもあるようす。
    これはネットの書き込みも多くあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中