1351 湾岸戦争の嘘証人ナイラ 「あの人は今」に出て欲しい。どう見ても小保方さんより酷いのに。

湾岸戦争の絶好の口実になったナイラ証言。。

看護婦であると嘘ついて,病院の赤ちゃんが残虐なイラク兵に惨殺されたと

今,彼女はどうしているんでしょう。
今は40歳を超えているでしょう。

あれだけ世界を震撼させる戦争の原因を創り出した彼女は元気なのでしょうか。

そもそも戦争後,なぜ,メディアは追いかけないのでしょう。
彼女を使った広告会社それ自体をおっかけしても良いが(以下同じ)。。

日本のテレビ局でも出て欲しいし,朝日新聞等の独占インタビューも欲しい。

    あのときは,どうして嘘を言ったのか。

    あのあと,どうやって国際非難を免れて生活してきたのか

    名前を変えたのか(家庭裁判所等で),養子縁組でもして姓を変えたとか
    別の国に行ったとか。
    結婚して,名前を変えたのか

    あの後やはり,整形等をしたかどうかとか。。。

    あるいは,看護婦と言っていた例の病院の院長先生に後で謝罪したのか
    また,その後生存中のサダムフセインには一度くらいは会ったのか,
    謝罪や会釈くらいはしたのか

    そもそも広告会社から,幾らの出演料を戴いたのか
    後に身を隠すための費用はいただいたのかどうか。

    最後人生の終わりに自叙伝を書く意向があるかもお聞きしたい。


【彼女個人に恨みはないが,なら小保方さんはどうなるの】
そんなことを言うと,可哀想じゃないと言われることでしょうね。

でも,では,小保方さんは可哀想じゃないのかしら。

あんなことで,いきなり全マスコミからフルぼっこを受けて,
研究者生命を絶たれた。

若い研究者を皆で応援すべきだったのに,どこぞの圧力かしれないけれども,粉々に打ち砕いた。

ナイラさんの場合は,彼女の証言によって,イラク等が徹底的に打ち砕かれることになった。彼女の虚偽証言によって,莫大な犠牲者を出した。


【世の中は理不尽に出来ている】

壊す方は何もとがめられず,創り出す方,直したり復活させる方は,徹底的に叩かれる。

そして前者は,莫大な損害を世界にもたらすのに対し,
後者は,あるとすれば自身の研究の失敗程度か,精々,文科省予算を他の無駄な研究者の予算と同じ程度に使うこと等だけ(成功すれば世界中を救う)。

私は,このように,世の中は,理不尽に出来ていると思う。

参考文献(英語):小保方STAP論文

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中