1325 種子法廃止は,日本人が(追放された)米インディアンの二の前に

そんなに,モン●ント等に,政権の首根っこを捕まれているのか?
と思われる,本年4月の種子法廃止。
しかも,日本で長年(何百年)国費を使って培ってきた日本の種子を,
米国企業を含む民間に情報提供しなければならないという法律までできたのです。

残念なことです。これで日本は終了です。


【インディアンはこれで土地を奪われた】
これは,高校の英語の先生から聞いた話です。
公立高校では珍しく,米国留学できた英語べらべらの先生です。
この公費留学は,昔のことなので,当時の新聞に載ったそうです。

そんな米国で学んだ先生曰く,
「米国インディアンが,白人渡米者に負けたのは,
その土地に対する公共意識だと聞いている」というのです。
すなわち
「白人種は,これに対し,所有権概念がきっちりしている
自分の物と他人の物との境界は極めて明瞭。」

「だから,白人とインディアンの会話はこうなった。
つまり,白人は『ここはお前の(所有権の成立した)土地か?』
と聞く。
インディアンは,土地は神のもので,その地域に住むみんなのものとの考えなので,
『いや,私のものではない。』,『神様の物だから誰の物でもない』と。

すると,白人は,『所有者がいないなら,俺のものにしてよいのだな』
といって,自分の好きなだけ,土地を柵で囲い,
『この土地は俺の物』と立て札を立てて宣言。

こうして,インディアンは,どんどん土地を失い,遂に完全に追い出されたと。」

このように,アジアの人達の考え方と,西洋の白人種の考え方は違うのです。


【種子法は,日本の種がモンサントに独占される】
これと全く同一です。

日本の種の情報,しかも,これまで共有財産として,
現在誰の所有に属するか決められないものを,
決めないままで,情報提供すれば,
モンサントは特許を取ります。
→後注)

特許を取られてしまえば,インディアンと同様,
その土地や種は,タダではつかえなくなります。


【オリンピックまでに日本は終了】
来年4月に種子法廃止が施行されると,種子が解禁になります。
すると,今から二年後,つまりオリンピック前には,
日本は坂道を転がり落ちるように落ちていくでしょう。

終了です。


    後注)
    なお,公園のように国や地方が管理して,誰もが使えるようにするだけなら,
    つまりは,まず国や地方が特許を持っておくのなら別です。

    ところが,今回は国や地方が管理をしないという宣言なんです。
    つまり,土地を特定の日本人に払い下げするという手続すらもなく,
    土地をただ放棄宣言をしたに近いのです。

    そうすると,先に占拠した人,早い者勝ちです。

    生物特許を取った者が,その種子を全部独占支配できるのです。
    日本で2700年の伝統のある由緒正しい種であっても,です。

    政府や国会はヤキが回ったのではないかと口々に言われているのは,
    このような問題状況だからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中