1323 卍(まんじ)は古今東西幸福のシンボル ナチス(米財閥支援)が活用してから異変

私ら,ご老体は,
小さい頃から神社仏閣への修学旅行やら何やらで
卍とナチスのハーケンクロイツ(鍵十字)は別物としていますが
逆に,今の世代の方は分からなくなっているのではないか

そう思い,解説動画を紹介したいです。
英語なのが難点では有りますが,平易な語り口で,聴き取りやすい英語なので
(言葉がわからなくとも画面からなんとなくわかる)
紹介したいです。

    BBC:

    ナチスがスワステカを盗用・ハイジャックし,本来の伝統から完全に切り離したと。

卍(まんじ)は,古今東西幸福のシンボルそのものだったそうです。
西洋でも,スワステカとしてやはり昔から幸福のシンボルだったと。

本当に驚きの事実です。


【それをナチスが,壊した】
でもその幸福のシンボルをナチスが逆卍にして用い,
結局,ナチスが,世界中の言論空間で糾弾されるに至ったことから,卍が悪のシンボルのようにされてしまったようです。

ナチスが悪かっただけだと言えば,それまでなのですが
ただナチスは,米国(大財閥)の支援を受けていたことは事実であり,
ヒトラーも妻のエバ・ブラウンもユ$ヤ人
そして,戦後も,イスラエルと国交のないアルゼンチンに逃げて生き延びていたと言われている。

    しかも同じくアルゼンチンに逃れていたヒムラーだけが,
    イスラエルから不法な拉致にあって,結局,死刑になっている。
    同じく同国に逃げていた他のナチス高官は何にも無い不思議さ

    ヒムラーとは,アウシュビッイツ等のホロコーストを指揮した高官と言われているが,
    ホロコースト自体が,今では,根本的に疑問が呈されている。
    600万人は絶対にあり得ず,精々当時の「死者(疫病を含む)」が10万人レベルでは?
    とすら言われている。

つまり,ヒトラーやナチスが作られたものだとすると,
卍を逆さにして,結局,悪の根源のシンボルに仕立て上げたのは,一体なんなのか,ということになりはしないか。

印象操作。。。


【格差社会,0.1%の人の世界支配の問題は?】
ピケティーの格差論文は有名になりましたが
0.1%以下の人達が世界を支配し,99.9%の人がひもじいだけという図式が今もある。

そして,卍は,世界中の幸福のシンボルだった,圧倒的に,だ。
それを壊したのがヒトラーだった。
少なくとも,その幸福のシンボルにケチを付け,傷を付けた形になった。
(まるで人々の幸福を願わないかのように?????)

ヒトラーは,米国の巨大財閥の支援を受けていた。


【妙な計略でないとよいが。。。】
長い時を経てのことかもしれませんが,徐々に
逆卍(ハーケンクロイツ)が,本来の卍を駆逐するかの姿は,この格差問題を象徴する姿かもしれません。

そんなことを当時から計画していた,なんてことはないでしょうね。

      ナチスがハイジャックした卍,シュワステカ,伝統文化とは別物

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中