1307 小保方さんは序の口? 2015年の米国代替治療医師の連続死

2014年は小保方さんが潰された年でした。

その翌年,2015年は,米国の代替医療の先駆者らが次々に不審死だそうです。

1 Dr.ジェフリー・ブラッドストリート
 代替医療と自閉症治療のスペシャリスト
 2015年6月15日銃殺(川で水死体)
2 Dr.ニコラス・ゴンザレス
 代替医療と癌治療のスペシャリスト
 同月21日,健康なのに心臓発作で死去

その他,フロリダでは,同月から同年10月までに10人のホリスティック医師が死亡又は行方不明だと。

彼らは現代医学を採用していないからだと。


【小保方潰しで調子づかせていないとよいが。】
2015年に起こった共通タイプの医師12人への連続殺人,否,連続不審死は,
2014年の小保方事件に通じる問題があります。

小保方バッシング=学会追放,研究資格剥奪に味をしめて,
調子づかせてしまったということがないといいけれど。。。


【モンサントも怖い】
なお,モンサントの遺伝子組み換えも,
健康問題はさることながら(今回は触れません)
その手口は,同様に怖いものがあります。

例えば,有機農法と遺伝子組み換え農法とは,共存出来ない関係であり,
モンサントは,有機農法や伝統農法をどんどん閉め出すことになります。

    遺伝子組み換え農業による花粉が,隣地の有機農法の農地まで富んでいって
    後者の作物に受粉させたら,ドロボーとして訴えて
    有機農業者が根負けするまで訴訟をやり抜くという。

    また,種子を買い占めて権利を独占するので,
    種子をモンサントから買わなければ農業はできないように追い詰められていく。

現代医療が自然療法・代替療法を排斥する図式と,ちょっと似てますね。

実は実は,モンサントも現代医療の製薬メーカーとは繋がっていて,
遺伝子組み換えで病気を作り,病院に送り込み,医薬品産業は,それでも儲ける
・・・・これぞ,モン産複合体?


【参考:日本の癌死亡は年完37万人】
日本の自殺者の10倍以上の死亡者数の37万人の癌死亡率

毎年小都市が一つ消える?ガン死亡者年37万人
癌治療に利権が絡むわけだ。
正しく治せる人を撲滅したいわけだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中