1297 ロシアは遺伝子組換作物(殺虫剤練込み作物)完全禁止に

ロシアは,おそロシアとか揶揄される国,
でもでもでもでも,遺伝子組み換え作物は全面禁止なんだと。

ロシアは良い国だ。遺伝子組み換え作物反対国だから。

良い国じゃないの?
なんかとっても輝いて見えてきました。

日本が安倍政権の不始末で,TPPでヘタ売ったら,
ロシアに移住しないと。。。

今のうちからロシア語を習わないと。


【殺虫剤練り込み作物】
竹田恒泰先生はうまいことを言っておられました。
遺伝子組み換え作物とは,殺虫剤・除草剤練り込み作物」なんだと

    遺伝子組み換えというと
    言葉自体としては,印象が良すぎますよね。
    例えば,IQが滅法高い科学者と結婚すると,頭の良い子が産まれるみたいな。

しかし,遺伝子組み換え作物とは,
要するに,殺虫剤・除草剤メーカーが,殺虫剤や除草剤を売りたいので,
食物自身の遺伝子に殺虫剤や除草剤を練り込んでおき,
それで,虫が食べようとすると虫が死に,除草剤を撒いても作物が枯れない
ただそれだけ。

遺伝子に毒薬を練り込むのだから,問題が起きないはずがない。

殺虫剤と除草剤を売りたいだけのこと
食物を品種改良等して良い食物を生産することに協力したいのではない。

遺伝子組み換えは単なる手段にすぎない。
良い作物ができるかどうかは花から問題にしていない。
→後注)


【仏は遺伝子組換作物反対急先鋒】
欧州では,なんと言ってもフランスが遺伝子組み換え作物反対の急先鋒だと

しかも仏のマリーヌ・ル・ペンはプーチンとも親交がある様子。

仏の選挙では,是非とも国民戦線のマリーヌ・ル・ペンが当選して,プーチンと連携を取って,
世界の食の安全を先導して欲しい。

安倍さんは,二人に,置いてきぼりを喰らったり,
森友問題・加計問題に加えて,売国TPPで末代の恥にならないように気をつけて欲しい


    後注)
    なお,モンサントは,モンスターをもじったものではないかと聴いたことがあります。

    なお,西洋では,もじって反対の名前を付けることがあるそうです。
    クリスマスのサンタは,「サタン」の隠語だったりとか
    (反キリスト教徒が作った言葉)。。。

    いずれにせよ,同社はPCB公害に,ベトナム戦争時の枯れ葉剤のメーカーです。
    遺伝子組み換えだけは信じてくれという方に無理があります。

カテゴリー:遺伝子組み換え

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中