1292 TPPとは”Table Poisoned & Polluted”(食卓猛毒汚染)のことでは

トランプのお陰で,グローバリストちゃんの米国肝入りのTPPは,
一旦不成立となりました。

ただ,何を思ったか,
安倍政権は,米国抜きのTPPを成立させることで躍起になっています。

米国抜きなら,ISD条項が発動しないとか,米国のごり押し部分を全部排斥して
日本の独壇場,経済の大東亜共栄圏ができるのならOKです。

しかし,河添恵子さんやトランプも指摘しているように,
今や多国籍企業が多いのですから,
米国だの,(元々排されていた)支那だの,関係ない話しなのです。

    今をときめく世界で最も悪名高き,殺虫剤企業にして,
    世界中の種子を買い占め独占しては,
    今後遺伝子組み換え種子しか売らない,
    そんな悪辣の意図を持ったモン〇ントが,暗躍していることは間違いないのでは?

今米国がTPPを抜けているからといって,その脅威が残っていることに何の変わりもありません。


【とうの昔に農協は解体させられた】
・TPPの一応の妥結前,既にその下準備として,農協が壊滅的な政策が取られました。
・大規模農業を推進しました(農薬企業のモンチャントには有利!?)。

・そしてなぜか農業に誇りを持っている農業王国の熊本が昨年人工地震で,壊滅的打撃
(地震波形として不自然なのと,爆弾利用のため放射能が顕出されていると)
最もサイテーなことは,安倍政府は積極支援を打ち出さないことです。

・その後11月にTPPに反対のトランプが当選してもなお,
安倍総理は未だ諦めないトンデモなおかしさ。

・今年の3月4月に,日本国内の農業の種子を護る種子法があっさり廃案。

    その報道はなんと神戸新聞が公表したのみ。
    「保育園落ちた日本死ね」の山尾議員は,そんな下らないことよりも
    子供達の健康や食卓を与る母親の味方をして,大いに国会論戦すべきだった。

これらぜーんぶ,モンチャント(仮称)に有利に事が進んでいるとしか思われない。


【早わかりモンチャントの遺伝子組み換え問題】

本当に困った人達というべきです。

こうやって,米国が参加しなくても,モンチャントが出てくるとなれば,
やはり,TPPは,“Table Poisoned & Polluted”(食卓猛毒汚染)
と命名するのが正しいのではないか?


【種子法廃止の趣旨はモンチャント支援?】
こういうツメの甘さが,安倍総理の悪いところかもしれません。
高度人材育成受け入れという隠れ蓑を使う外国人移民拡大問題とか。

種子法廃止の趣旨は,日本の種子を海外で売れるようにということだそうです。
しかし,要するに自由化ということです。
となると,今世界中で種子を買いあさって独占しようとしているモンスター企業
というかモンスターそのもの(バケモノ)のモンチャントの餌食になるだけ。

日本の種子が買い占められたら,
日本人は,自分達が2000年以上も食べてきたようなものまで
モンチャントの言い値や条件に従って,種子をお売り戴くしかないことになる。
しかも,種が出来ない種を作っているので,毎年買い続けなければならない。

安倍政権はヘタうったのではないのか!
種子法をあっさり廃止。食卓汚染のはじまり

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中