1278 読売系「たかじん」でもいえない,日本の医療 国費負担急増は米国の医薬品業界とアメポチ小泉首相が原因

本日のたかじんの番組を見て,読売よお前もかと,残念でした。

それは,日本の医療費がここのところ急激にうなぎ登りになっている原因を言わないのです。
元国会議員兼医師を含む大勢の医師を並べてこれですから。

しかも元維新の会所属の中田もいるのに。

やはり主要メディアはだめですな。
小保方さんを擁護するメディアがなかったわけだ。


【関岡さんによる医療費の国費急増の原因】

これに対して,関岡さんは,きちんとその原因を伝えています。
それは米国の医薬品業界の圧力,そしてアメポチ小泉元首相の失政です。


【自由診療提言は,実は米国対策だった?】
ただ,中田さんが,
唐突に,「医療費の国費急増の対策には,一部自由診療解禁にしたらよい」と言いました。
かつて,橋下等がプチあげていた政策です。

中田曰く
「医療費の国費増大を懸念し,かつ薬開発にお金がかかるというのであれば
金持ちには,自由診療として新薬に対しいくらでも払わせたらよい」
とかつて橋下が言っていたことを述べたのです。

ここに来て,ようやく自由診療導入議論の理由が分かりました。

米国医薬品業界に押し付けられ,ポチこと小泉が二つ返事でそれを飲んだこと,
そのために,日本の国費負担が急増したことを,
自由診療というフェイクな?手段を使って米国に押し返そうとしたのだと思います。

早い話保健医療を使う場合にはジェネリック,
新薬を使うには,自由診療でとなれば
保険制度は安泰です。

金持ちが本当に自由診療を用いて,新薬を使うかは知ったことではない。

    保健制度を使うときはジェネリックしか使えなくし,
    以て日本の保健制度が米国の食い物にされるのを防ぎたいだけ。

だったら,さっさと導入したらよかったのにね。

でもこれも米国医薬品業界の圧力で潰されたのかな?


【テレビも政治家も情けない】
こうみてくると,最後は国民の意識しかないのに,
どうしてこうメディアも政治家も,本当のことが言えないのかな
そんなに圧力が怖いのかなと思ってしまいます。

残念ですね。おそらくこんな風に,国民は知らされないことばかりなんでしょうね。
(多少臭わせるのが限度)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中