1277 同祖論は正確な分析を。共通の親か「結婚」か? 日本は長く「もったいない」精神を発揮してきただけ

日ユ同祖論とか聞くと,私はどうしても納得できません。

    第一に,言葉が似ている,形が似ているなんてのは,別に太古の昔から他国文化を取り入れたり外国人が入ってきた日本としては珍しいことではありません。
    中国の漢字やインドの仏教,新しくは明治維新後の西洋政治行政・統治機構制度があるからといって,導入元の国の人と同祖ではないのは余りにも当たり前。
    昔であればあるほど,当時の日本にはなかった言葉そのものを直輸入したことも当然あったでしょう。

    日本人は,何事もただ「もったいない」精神だけです。

      ・日本国憲法というおかしなシロモノでも,日本人は70年間,誤字も含め,一字一句変えていない。

      ・支那は,文化大革命でそれ以前の文化遺産が殆ど無くなったけれども,日本は,支那の昔の文化的なものが,極めて良い保存状態で残っているので,今の金余りの支那人が買い漁っているそうです。

      ・世界の文化や思想的業績が最も洗練され,昇華された形で,研究され残っているのが日本だといいます。
      何でも大事にして,結局完全にリファインしちゃうのです。
      外来仏教についても,鎌倉仏教では,そのようなことが多分にあります。

      ・セブンイレブンも米国の本家を完全に追い抜き,今では本家を助けていると言います。

      ・今の日本人も,「私には要らないものだけど,折角あの方がくれたものだから,捨てられない。」と言いますよね。これは徳川家康もそれだったと記録に残っています。

      このように,日本は「もったいない」の精神をフルに発揮しては,終始外来文化や思想,そして押し付け憲法に至るまでも後生大事に護ってきただけのことです。

    第二に,世界中で,109回も国外追放にあったとされるユ$ヤ民族と祖先が一緒だとされるのもどうかと思います。
    ①高利貸し,②麻薬取引,③奴隷交易(白人も黄色人も)で大儲けして,それを④革命や戦争に融資。。。

      もちろん,古代ユダヤ人と,後世の改宗ユ$ヤ人であるカザール人達とは違うのだというかもしれません。

      しかし日ユ同祖論のほか,西ユ同祖論。伊ユ同祖論。英ユ同祖論。独ユ同祖論と,無茶苦茶にあるのです。

      私は,そんなに沢山の同祖論があるなら,
      同時に朝ユ同祖論(朝鮮人とユ$ヤのコラボ)があってよいと思います。
      それこそ朝鮮を差別してはいけません。

    第三に,選民思想は,日本の思想では絶対にありません。
    鎌倉仏教の始祖達は,要は「万人が救われないのであれば,そんな仏は仏ではない」とすら言い切っています。
    えこひいき・選り好みする神を神と呼べるはずがないです。


【同祖は,おなじ親を持つとの意味か?結婚なら足りない】
同祖というのであれば,せめてどんなに最低でも,
無人の日本という地域に,同じ親を持つ兄弟のどちらかが日本に流れ着いた,
生き別れになった,みたいな話しでなければならないと思います。
→後注)後注2)

同祖論という以上は,端的に言えば,要するに
同じ母親から生まれた兄弟だから,生き別れの兄弟だから仲良くという意味でなければならないはずです。

所謂他人同士の結婚のような話しと混同して貰っては困ります。

他人同士であれば,寄り添う時も影響し合う(影響される)こともあるが,
逆に憎んで離ればなれになることもある
愛憎は,コインの裏表である。

長い歴史の間に,それこそ付いたり離れたりする結婚の類
・・・・同祖論になるはずがない。


【遺伝子に共通性があれば同祖か?】
なお,遺伝子に共通があっても,なお,同祖とはいえません。

双子の兄弟が生まれたとして,その一人が,すぐに他人様の家に養子に出されたとき,
生き別れの兄弟の再会は嬉しいかもしれませんし,逆に嬉しくないかもしれません。
というのは,長い人生や歴史の地で,全然違う家の人間として育ったからです。

遺伝子が一緒で,正に同じ親から生まれても,そうなのです。

同じ遺伝子,同じ親から生まれた兄弟同士であっても,それだけでは
同祖論の目的や成果にとって,必要条件であっても十分条件ではないのです。
→後注3)

願望は結構ですが,
同祖論は結局,百害あって一利なし,危険だと思います。

非論理的な言説は困ります。
プロパガンダになっていないかを心配するものです。
→後注4)


    後注)
    まちがっても,コロンブス(これもユ$ヤ人)のアメリカ大陸「発見」みたいな話し,
    つまり,原住民は人間ではないという前提で,(新しく)やってきた人こそを中心にして考えて貰っては困るわけです。

    要するに,日本人は当時人間と呼べるものではなかったが,古代ユダヤ人が来てくれて,初めて日本の礎が築かれた。それ以前は無意味である
    などと言われても困るのです。


    後注2)
    例えば,ある時期に,何処かの国の人が日本にやってきて結婚し子どもを日本で生んだ,
    その国の文化もある程度紹介された,友好が始まった。
    それから何十年何百年が経ったとする。

    この場合,他国の遺伝子を持つ日本人がそれなりに増えたとして,
    日本がその国と同祖になるとは思えません。

    少なくとも数や割合の上でも,圧倒的多数の日本人が,遺伝子を共通に持つに至っている事実が最低でも不可欠です。


    後注3)
    判りやすく兄弟2人の例で説明しましたが,
    兄弟5人が全部バラバラの土地に行くこともあるのです(ロスチャイルドみたく)。

    つまり,古代正統ユダヤ人であっても,日本だけに来ているいわれはないわけで,
    仮に祖先や親が同じ意味での日ユ同祖論を立てるとしたら,
    日ユ〇×▽◇同祖論であるべきだと思います。
    (〇,×,▽,◇は,日ユ以外の他国名)

    そしたらむしろ戦争がなくなっていいんじゃないんですかぁぁぁぁっっ!

    前記西ユ同祖論。伊ユ同祖論。英ユ同祖論。独ユ同祖論が,戦争を止めることには結びつかなかったことへの大いなる皮肉を込めてそう言いたいです。
    むしろ戦争や侵略ばかりだったじゃないですか。


    後注4)
    ロシア革命は,ユ$ヤ人による革命ですが,
    要するにそれと同じような結果が,日本で起こったりしないかを心配します。
    こんなお花畑の考え方をしていて・・・・。

    倒したい相手が未だ手強い時,「手を握ろう」と言ってくることはままあります。
    かつて,やり手の橋下大阪市長に対し,市の労組幹部が握手しましょうと手を差し伸べてきたことが現にあったではないですか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中