1271 日本憎しの米ルーズベルト政権の構成員達とは(憲法学会は知らない?)

日本に戦争とするべく経済封鎖した
フランクリン・ルーズベルト大統領の祖先や一族はユ$ヤ人です。
1934年3月7日のアソシエイテッド・プレスが暴露しております。

実は,その側近も,以下のとおり実に多くのユ$ヤ人いたようです。
しかも本当にロシア革命(ユ$ヤ革命)後のソ連との親和性もまた強烈です。
(以下は国会図書館で調べた内容です。)
国際共産主義系はいわずもがな,過激な思想家(反米売国奴)も少なからずおります。

    1 フェリックス・フランクファーター
    (過激主義者らにも無量で弁護士を配する国際労働防衛の会員,共産党系労働者教育局会員兼顧問,共産系人民政府連盟会員及び同連盟内トム・ムーニー調査委員会顧問,共産系米国市民自由連盟会員兼国家顧問)
    2 ヘンリー・モーゲンソー
    (第一次世界大戦を煽った国際銀行業者の一味,シオン運動を推進する国際ユ$ヤ結社一員)
    3 デビット・セイバーステイン
    (証券・為替委員会の貿易・為替分科会主任)
    4 ウィリアム・アレクサンダー・ジュリアン
    5 シドニー・ヒルマン

    (ユ$ヤ統制下のガーメント労働者連盟支配,ルイスの共産主義的連合会を後援,NRA労働顧問部に任命)
    6 ルイス・D・ブランダイズ連邦最高裁判事
     (ACLU運動,ILD運動に好意的/ロシア革命時に数百万人が屠られたとき,「それはキリスト教徒だけだ」と言い放った)
    7 パーナード・M・ブラック
    (ニューヨーク,ワシントン,欧州に暮らし,「歴代大統領」を支配する者。キリスト教会に所属することで,非ユ$ヤ人と豪語。全戦争産業の完全統制について主張
    ルーズベルト自身「(彼は)合衆国における最も危険な人物で,ウィルソン大統領の行政に破綻を生じせしめるために最大の活躍をした人物」として畏怖していた。)
    8 フランシス・バーキンズ(実名?レイチェル・ラザンスキー)
    (自らユ$ヤ人であることは否定。しかし周囲も含めてユ$ヤ人ばかり)
    9 ドナルド・リッチバーグ
    (事実上の大統領として振る舞い国民の反感を得て解任。過激的信念の持ち主として国際的な有名人。米国の過去15年間の急進的運動の黒幕とされるが,ホワイトハウス常連,ルーズベルト最側近の人物だった)
    10 デイビッド・J・サポス
    (国家労働調整局顧問兼経済専門家,官僚達が5か月も名を伏せる程の過激思想家。ユ$ヤ教痕主義者が全キリスト教徒を統治するソ連政府を公然擁護。ユ$ヤ共産主義,ソビエト労働同盟組織を公然庇護しつつ,その地位を利用して米国労働連合に対し,前者に有利にNLRBを統制)
    11 フィオレロ・ラ・ガルディア
    (ニューディール利得者。社会主義並びにルーズベルト系の典型的なラディカリスト)
    12 チャールズ・マイケルスン
    (ユ$ヤ共産主義による米国乗っ取り策が暴露されると,ユ$ヤ人であることを否定。ルーズベルト政府の御用演説を起草した。)
    13 イサドーア・リユービン
    (労働省統計局一員,ユ$ヤが統制すると言われる国際連盟における米国代表。労働関係の統計を全部掌握。労働需要に関し,移民割当てを差配する立場)
    14 M・S・エイゼンハウアー
    (農業統計の全掌握,国民への公表の有無についても,全官僚の論文公表は同人がチェック)
    15 J・F・ウォルフゾーン
    (国家動力委員会主事。動力会社の統制に関し情報を事前に得て,証券株式市場に影響を及ぼす。)
    16 C・E・ウィンスキー
    (労働省法律顧問。あらゆる労働法,特に過激な異邦人の移民流入に関する法律を動かす地位にある。過激思想ユ$ヤ共産主義,反米行為の故に逮捕されたユ$ヤ人国外追放に対し,労働省が闘争するのはこのため)
    17 ジェロム・N・フランク
    (RFC復興金融会社総務・元AAA総務。彼の憲法違反ないし反米行為を他の上院議員が指弾するや,ルーズベルトは,AAAからRFCに移籍させ,かつ年俸を当時の1000ドルを増加)
    18 E・A・ゴルドンワイザー
    (連邦準備組織調査統計課長。米国金融状況や資金需要関係の全情報を掌握。ところが,上院の質問には否応なしに知らぬと応えることになっていた。)
    19 B・N・カルドーゾ連邦最高裁判事
    (ユ$ヤ製ニューディール政策を擁護)
    20 W・C・バリッド(本名ホロビッツ)
    (駐ソ大使。長年ユ$ヤ革命による,ソビエト連邦承認運動の指導者。妻は,モスクワのクレムリンに埋葬されている有名な米国共産主義者ジョン・リードの前妻。各種の過激派共産主義団体との関係がある。)
    21 レオ・ウォルフマン
    (労働調整委員会委員。ユ$ヤ共産主義系の社会調査学校講師,社会主義党公認党員。ユ$ヤ統制下のガーメント労働総同盟調査課長,共産系ガーランド資金主事。共産主義的な米国労働立法協会会員)
    22 ネイザン・R・マーゴルド
    (共産主義系米国市民自由連盟・同系の国際労働防衛会員。内務省インディアン局長を唆して国内インディアンに共産主義と,キリスト教憎悪を教育させたかどで上院下院委員会の指弾を受けた。)
    23 デビット・E・クリエンタール
    (過激派ユ$ヤ人:政府統制中央化論を持つ。ソ連の政府運用組織は,この統制中央化による)
    24 モルデカイ・J・B・エゼキール
    (農務長官ワォレスの経済顧問。国内キリスト教徒に打撃を与える政策。農業調整行政の名で,綿花,とうもろこし,小麦減収を図る・豚を屠って食料窮乏化という反キリスト教政策を実行,そして教義とする)
    25 ジャコブ・ベーカー
    (元バンガードプレス副社長,ルーズベルトにより,労働進歩政策の副主事,連邦供給支援会社の総裁秘書,連邦緊急支援政策副主事等の3主要職について任命)
    26 ハロルド・ネイサン
    (司法省連邦捜査局副局長。司法行政を掌握)
    27 ルイス・H・ビーン
    (農業長官ウォレスの経済顧問,AAAが憲法違反とされるまで,同機関の顧問。ウォレスの政策を悉く切り回す)
    →後注)


【原爆もユ$ヤ人】
なお,日本への原爆投下について,原爆開発も,ルーズベルトの肝入りであり,ユ$ヤ人科学者が開発,
原爆投下もユ$ヤ人が半数以上関わったと。


【日本は戦時中数千人のユ$ヤ人を救ったのに】
日本は,そもそもユ$ヤ人とは歴史的にはほとんど没交渉で(太古に移民が来たかもしれない),恨みを買うことは本来ないはずです。

しかも第二次大戦中も
杉原千畝のみならず,政府としてもユ$ヤ人を大量に救いました。

本来恩人のはずなのに,ユ$ヤ人が闊歩する米国ルーズベルト政府に嵌められて日本が戦争を余儀なくさせられたり,おまけに原爆二発も落とされるいわれはないはずです。

本当に酷いなと思います。


【国際主義者・シオニスト達の仕業?】
結局,日本が助けたユ★ヤ人は,国際金融のユ$ヤ人ではないから,余計なことはしなくて良かったということかもしれません。

また,ヒトラーも,ユ$ヤ人であり,前記ユ$ヤ系のルーズベルト政権下において,米国のブッシュ財閥等々の支援を受けて,欧州戦争ができたというのですから。

国際ユ$ヤ人は,所詮アシュケナージュ系のカザール帝国系にしてシオニスト,
正統派ユ★ヤ人とは違うということでしょうか。

しかしこんな民主党政権の計略に負けた日本が,同政権の押し付けによる憲法を70年以上も有り難く戴いていることが悲しいです。


    後注)
    キリスト教弾圧について,太字にしたのは,当時キリスト教が圧倒的多数の米国において,如何に大多数の国民の目を欺き,反キリスト教の思想を持ったユ$ヤ人が闊歩していたかを示すためです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中