1259 弁護士事務所内で便利な「車内用の」ハンディークリーナー(強吸塵力)

我が弁護士事務所における,今年の買い物の中で,
ベスト5には入るのではないかと,早くもこの時点で思うのが,
この車用のハンディークリーナーです。
車内用クリーナーは事務所でも重宝する。

しかも7000円台で買えるのです。

車用のクリーナーを敢えて事務所用に?

充電式で手軽なのは,いわずもがな,
考えてみれば,解ることですが,
車用のクリーナーは,凹凸や隙間のある,狭い車内を掃除する必要から,
1 小回りが効く仕様であること
2 そんな状態にあるゴミを掻き出すためには,吸引力が必要なこと

があり,これが開発設計における必要条件になることは想像できます。

事務所は,そこそこ広さはあり,通常の掃除機を引き回しても大丈夫ですが,
やはりコードが面倒,大型で使いにくい。

事務所は,当初こそがらんどうで,ルンパでもよいくらい広々だけど,
次第に物が置かれ手狭になっていきます。
そして,細かい隙間等が出来ると,ゴミが入り込んだりして掃除しづらい。

大は小を兼ねるではなく,この場合は小は大を兼ねる,です。
ごちゃごちゃ狭い車内で効果がある物なら,事務所で効果がないはずがない!
と,こうなるのです。


【一般家電メーカーの充電式では不十分】
一般家電メーカーでも,充電式で場所の移動が楽なものはあります。

ただ,家電メーカーの問題は,
充電式の商品を,通常のコード式の掃除機の下位機種ないしサブ機種的な商品
としての位置づけがなされていることです。

つまり,コード式の掃除機が主力ですので,それが売れなくなると困るのです。

だから,5万円クラスの高額のものは別としても,
吸引力が弱いものが多い。

しかも,同じ理由で,主力商品よりは省スペースだが
なんだかんだサイズが大きく場所を取る。
つまり,車内用途に作られた物ほどは小回りが効くように厳しい制約感を持っていない。
(その分,中途半端な,どっちつかずの大きさになりやすい。)

やはり主力商品を差し置いて,出過ぎた真似(商品開発)はできない。

以上に引き換え,
車内用クリーナーは,家庭用一般掃除機との競争関係にはないので
徹底した小回りの必要と,吸引力を高める必要があるし,それができる。

すると,車内用の方が,逆に万人に取って使い勝手のよい商品となる。


【紹介した商品は,デザインもよい】
紹介した商品は,吸引力も強く,しかも写真よりも実際の方が質感がよいです。
デザインがよいです。

紙パックを必要とせず,たまったゴミを捨てれば,吸引力は強いままです。

日々発生する卓上ゴミから,それが床に落ちた卓上由来ゴミ,
その他何でも,何処でも行けます。

吸引力があって,小回りが効く。それ以上のことはありません。

カテゴリー:弁護士事務所経営

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中