1253 聖徳太子呼称変更パブコメに関し知っておきたい 十七条憲法と国家破壊の十八条謀略

文科省の天下りやら森友学園の問題に(意図的に?)隠された
聖徳太子呼称変更問題,
パブコメが3月14日までなので,提出しました。

1400年も続いた聖徳太子の称号を何故,今改めるのか,
まったく理解できません。

日本をそんなに壊したい勢力がいるのかと残念です。


【十七条憲法と国家転覆民族破壊の十八条謀略】
この際なので,十七条憲法をきちんと読んでみました。

さすが,時代を超えた,普遍的な価値がある内容と思いました。
もちろん当時は天皇制がウェイトを占める時代だったので,
一見,今の時代に文字どおり当てはめるのは難しい条文もあるかもしれません。

    が,よくよく味わってみると,
    例えば,1条と16条に重ねて,上が和らぎ,下は睦まじく討議して下さいとあるように,決して,君主主権バリバリの話しではまったく無いことが知れます。
    要は,右だ左だと凝り固まったり,極端から極端に議論をスイングさせて,一人の人間が議論を支配するのではなく,まさしく「万機公論に決すべし」の精神だということが分かります。

    十条などのとおりです。
    考え方はそれぞれ皆違うけれども,誰が賢い誰がへっぽこだ
    ではなく,皆凡人ばかりなのだから,仲良く大いに議論しましょう
    ということです。

これに対して,他の国を転覆させたり他国で革命を起こさせたりが得意な人達の特有な考え方をまとめた,『十八条謀略』もあります。

ちょうど十七条憲法と真逆の内容になっていることがわかります。


    【まずは十八条謀略から】


    【十七条憲法】
          参考:

          聖徳太子は,七度もお札の顔になった,こんな日本のヒーローは居ないと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中