1239 共産の赤は,やはり「血」の赤。ブタの血で旗を染めたもの

まあまあ,予想されていたことだけれども,
共産主義の赤,旗の赤色の意味,
その由来を聞いて,本当に嫌になっちゃいました。

ロシア革命は,ユ×ヤ人の革命と言われているように,
またマルクスがユ●ヤ人(ラビの息子)であるように,
共産主義ないしその革命は元々はユ&ヤ思想から来ているとのことです。

そのユダヤ思想は,元来,選民思想であり,
自分達の民族以外は,「ブタ」とみなして,彼らを支配して良い,
奪って良いという考えです。

    ちょうど,原生林に,野生のイノシシ群が居住していたとしても,
    人間様が,そこに目を付けると,
    イノシシを追い払ったり,殺戮してイノシシ鍋にして食べてしまうようなものです。

    その土地や,イノシシの財産(があるとして)は,人間の所有物となります。
    そこに金塊や石油が埋まっていれば,それも人間の所有になります。

    もし,あるイノシシの種が,人間の家畜やペットに都合が良いとなれば
    商売の道具にします。
    (イノシシに言わせると,奴隷交易,「猪身」売買です。)

    この考えを,人間である他民族に対して抱いているのが,ユ◎ヤ選民思想なわけです。
    →後注)


【生け贄の豚を殺して,その血を旗に染めた】
共産主義,同革命に話を戻すと,
あの赤,赤い旗は,革命決起の際に,
生け贄の豚ちゃんを殺して,その血で旗の生地を赤く染め上げるのです。

その豚ちゃんは,他民族の人間を指します。

ですから,その他民族流血の「革命」では,
労働者農民保護のはずの共産思想にもかかわらず,
ロシア国民(農民ら)まで,虐殺されたのです。

もう,嫌になっちゃいました。


    後注)
    ユ◎ヤ民族以外の人間がブタだったら,
    ユ%ヤ人は何でしょう。

    牛?,やっぱフグ(河豚)でしょう。
    「河豚計画」とはよく言ったものです。

    河豚の毒は取り除いてから出ないと、生命の危険があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中