1235 名作:エデンの東は,実はキリスト教とユダヤ主義の衝突

私は,ジェームスディーン主演のエデンの東が好きで,
何回かは見ました。昔ですが,VHSの映画ビデオも買いました。

私は,昔,エデンの東の東とは,インドとかの東洋(文明)のことを指すのかと勝手に解釈していました。

    というのも,現代哲学や心理学では,伝統的なキリスト教を離れ,東洋を模索するかの動きもありました。
    また,キリストが実は若い頃17年間も故郷を離れ,インドで仏教の修行をしていたとの書籍も見つけていたので,それでキリストはユダヤ人でありながら,ユダヤ教を超えた,キリスト教の教義を開陳できたのかと
    勝手に解釈していたのです。

でも,実は,キリスト教と,ユダヤ主義との相克だったようです。
(以下は,遠い記憶なので,細部には不正確なところはあります。)


【古くて新しい2つの道徳問題】
エデンの東には,2つの道徳問題が出てきます。

1 子ども達を戦場に送ることの是非と,戦争で金を儲けることの是非
2 売春宿を経営することの是非
です。

ジェムスディーンが演じたのは弟ですが,その兄と父は,厳格な正統派クリスチャン。
ディーンたる弟と,生き別れた母親は,いわばユダヤ的。。。

兄は所謂品行方正でできが良く,
弟は,善意だけれど,道徳的ではない,ちょい悪,の設定。

なお,父は,政府から戦争に送り込む若者を選別する役割を担わされていました。
ご自身,地域の仲間の子ども達を戦争に行かせることに苦悩していました。
また,友人から時に皮肉も言われていました
「おたくの,お坊ちゃん二人は,いつまで経っても戦争に行かないのはどうしてかね」


【戦争とお金,戦争に駆り出される若者の死】
ディーンたる弟の父は,キャベツ農場を経営していましたが,
あるとき,輸送列車等の関係で,せっかくの農作物が輸送中に全滅して大損失を被る。

それをディーンは助けようと,戦争で儲けている企業の株取引等をして,それで利ざやを稼ぎ,クリスマスプレゼントとして,大損したお父さんにお金をプレゼントしようとする。

お金を渡そうとした瞬間,敬けんなクリスチャンの兄が許嫁を連れてやってきて,
二人の間に分け入って,いち早く
「お父様,メリークリスマス。私たちは結婚します。」
父曰く,「こんなに素晴らしいクリスマスプレゼントはないな。おめでとう」

先を越され,かつ「やられた」と思ったディーン(弟)は,それで自信を失いつつも,
勇気を出して,
「これ僕のプレゼント。お父さん,キャベツで大損しただろ」
「それを取り返そうと思って・・・・」「戦争の株で儲けたんだ」

しかし,敬けんなクリスチャンである厳格な父は,これを拒否,
戦争で儲けたような汚れたお金をお父さんは貰えないよ
「私は,この地域で,戦争に行かせる子ども達を選ぶ,本当に辛い係なのだ,
戦争というものがどんなものか,分かってくれ

エデンの東,ディーンが戦争株で儲けた金を父親に渡そうとするが。

ディーン(弟)は,父を思う善意だっただけに,その場で泣き崩れました。

    最初に見た時は,18歳の頃だったので,ディーンの立場に身を起きました。
    10年後,再び見たとき,「お父さんの方が正しいのかもしれない」
    と思いました。
    戦争で儲ける産業,かつその関連株で儲けるのはやはりおかしいのです。

    今,米国は,白人プアーが広まり,徴兵制ではないものの,
    お金に困って,兵隊に志願するよりほかないとのことです。
    そのもう一方で,戦争を操る人達,つまり軍需産業や金融資本がぼろ儲けしているのです。

      エデンの東,戦争株で儲けたお金を父親は受け取らず,ディーンは泣き崩れる。


【売春宿経営】
ディーン(弟)と兄の母親は生き別れでしたが,
後に,生活のため売春婦になり,その後売春宿を経営するようになりました。

それを知ったディーン(弟)は,そんな母親をありのまま受け入れましたが
生真面目で品行方正,敬けんなクリスチャンの兄は,気が狂ってしまいました。
戦争に志願して,列車で移動出発する前,乗車席から頭を列車のガラス窓に突っ込んで,突き破る奇怪な行動までしてしまいました。
(なお,何故かディーンは,戦争には行っていません。→後注)

実は,奴隷売買や,人身売買,性風俗産業は,
資本蓄積段階における国際ユ*ヤのれっきとした商売だったのです。
(ここで言うユ*ヤとは,正統派ユダヤ人ではなく,国際ユ*ヤ人=カザールマフィアのことを指します。)
エデンの東,売春宿を経営する母との対面


【やはりキリスト教文化とユダヤ主義の相克】
しかも奴隷売買・白人人身売買,性風俗産業で儲けたお金を元手に金融をして大儲けし,かつ戦争でも儲けたというのです。
革命や戦争を頻繁に起こしたとされていますが,それも金儲けです。

    ロシア革命では,6600万人のロシア人が殺されました。
    なお,ロシア人医師も次々に殺されたと言われています。
    何故なら,世界の医薬品産業が入り込むためです。
    ロシア人のために尽力する善意の医師は邪魔だったからです。

エデンの東とは,アジア等の東洋ではなく,ユダヤのことでした。
歴史的には,ヨーロッパよりも東でしたので。
エデンの東は旧約聖書から


    後注)
    エデンの東は,旧約聖書のカインとアベルを下敷きにした作品だとのことです。
    Wikipediaによれば,
    「カインとアベルは、アダムとイヴがエデンの園を追われた(失楽園)後に生まれた兄弟である。・・・・カインは長じて農耕を行い、アベルは羊を放牧するようになった。
    ある日2人は各々の収穫物をヤハウェに捧げる。カインは収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェはアベルの供物に目を留めカインの供物は無視した。嫉妬にかられたカインはその後、野原にアベルを誘い殺害する。その後、ヤハウェにアベルの行方を問われたカインは「知りません。私は弟の監視者なのですか?」と答えた。これが人間のついた最初の嘘としている。しかし、大地に流されたアベルの血はヤハウェに向かって彼の死を訴えた。カインはこの罪により、エデンの東にあるノド(「流離い」の意)の地に追放されたという。この時ヤハウェは、もはやカインが耕作を行っても作物は収穫出来なくなる事を伝えた。」

    ユダヤ主義的なディーンは,クリスチャンの兄とは違い,戦争に行かなくてよいのですね。

    なお,原作者のスタインベックは,猶太人ピューリッツアーによる賞(ピューリッツァー賞)を受賞したことがあります。


    【追補:参考】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中