1192 三島由紀夫 憲法9条2項は偽善/建築規制に等しい自衛隊の権限制約(要はまやかし)

TBSが47年間もの長い間ひた隠しにしてきた三島由紀夫の生前の肉声の生テープ

憲法9条2項は,日本人に死ねと言っているようなもの。
また例えば婦女子は,それこそ「性奴隷」,
外国勢力のお慰みものになれ,と言っているようなもの。
(西欧の移民連中ですら,欧州各国の婦女子に乱暴狼藉を繰り返している。)

確かに偽善中の偽善です。


【私の憲法偽善論】
憲法は,国民に人権を保障しています。
国家を批判し,破壊する言論等までも保障しています。

そんな中で憲法9条2項を併せ読むと,結局GHQ憲法は,
日本国家解体を目指したものと総評できるはずです。

外国勢力と結びついた内通者という反政府主義者たる「国民」の人権を保障して,かつ軍隊が出せないというのですから。

ロシア革命を思い出させます。

    ロシア革命を成功させた勢力,つまりはソ連ですが,
    そのソ連のスパイが米国民主党ルーズベルト政権に巣くい,
    かつGHQにも巣くい,それで平和憲法ができたのですから,
    現行憲法は,緩やかなロシア革命を目指したものだと言っても,大きく外れていないのではないか。

    現に,今になって,天皇家が存続の危機にさらされていることを日本人は気づきましたが,
    それは,GHQによる宮家の廃絶縮小等の時限爆弾が近時になって発火したからです。


【偽善論その2】
自衛隊に対する取り扱いも誠に変です。

憲法9条との関係で何故自衛隊が存続できるか,というと,
それは,警察権力にほかならないからです。
憲法は勿論警察権力は否定していませんので。。

警察権力しかないから,というグレーなやり方も偽善そのものです。

前にも言いましたが,世界一の建築技術を誇る日本のゼネコン,
そんなスゴい会社でも,建築規制のある地域には建物は建てられません。

自衛隊は世界一の優秀さと規律正しさと強さを誇る?
しかし,憲法9条2項の規制のために,活躍の場がない。

ゼネコンが,建築規制地域に建物を建てられないだけなら,空き地が残るだけかもしれませんが,自衛隊が規制を受けて,何もできないとしたら,日本が,日本人が犠牲になる。

偽善中の偽善!

    なまじ,自衛隊という形があるために,日本人が逆に安心してしまうとしたら,ゆゆしき大問題です。
    自衛隊は,警察権力しか行使できない制約があるのにです。
    ミサイル兵器を装備しているから安心だと思ったら,大変な誤りです。
    なまじあるだけ誤解しちゃうかもしれません。
    ・・・・たとい原爆を持つに至っても,です。使えなければないのと一緒です。


    憲法9条2項という滅茶滅茶厳しい規制があるにもかかわらず,
    自衛隊という体裁があるが故に,そうした誤解を日本人に植え付けているとしたら大問題です。
    (自衛隊が悪いのではなく,憲法9条2項を改正しないのが問題なのですが。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中