1183 マイナンバーで生活保護者のパチンコ排除・依存者の利用時間制限を!

私は,国政によい影響を与えていることは評価しつつも,
東京裁判史観を是認する橋下弁護士や維新の面々がいまいち信用できなかったので,
彼らが掲げるカジノ法案もやはり懐疑的でした。

カジノはともかく,パチンコを廃絶縮小させることこそが大事であって,
カジノぶち上げだけでは,パチンコ業者の焼け太りかよと
懸念しか持てないのです。

    ただ,最近になってようやく,橋下もTwitterでパチンコ対策することを述べたり,
    松井大阪知事も同様のコメントを出しているので,
    それでパチンコが廃絶に向かうのであれば,カジノは第一段階としてはOKです。


【マイナンバーの威力発揮?】
実は,2016年初頭から,生活保護受給者とマイナンバーがヒモ付けが開始されたそうです。

2017年の今の段階でどこまで紐付けされたかは分かりませんが,
銀行口座も含め,遅かれ早かれ完全に紐付けされるでしょう。

すると,まずは生活保護ビジネスによる違法受給者があぶり出されるでしょう。

しかしその次はパチンコです。


【マイナンバーで生活保護者にパチンコ制限を】
ところで,生活保護者への年間経費は2兆2000億円だそうです。

それだけでもとんでもない金額ですが,
生活保護者は手持ちぶさたなので,パチンコをしているとうわさされています。

もし30パーセントの生活保護者がパチンコをやっているとしたら,
その生活保護費は6000億円ですので,
そのうちのに数百億円程度がパチンコマネーになっているかもしれません。

まずは,パチンコとマイナンバーの紐付けをして,
マイナンバーカードをゲートで提示しないとパチンコ店に入れないようにし,
そして,生活保護受給者には,そもそもパチンコができないようにすべきです。

すると,数百億円がパチンコではない消費に廻されることになるでしょう。


【依存者に対しパチンコ総時間・回数制限を】
パチンコ遊技には,マイナンバーをゲートで通すことを義務づけると,次にこれもできる様になります。

それは,依存者対策としての,パチンコ遊技総時間制限や回数制限です。

    ちょうど,Wi-Fiの利用制限に似ています。
    高速度Wi-Fiの場合,例えば月額7ギガバイトの通信量を使うと,
    その月の残りは低速度の通信しかできない。

あたかもこれと同様に,パチンコも例えば週に15時間までと設定しておき,
それを超えると,翌日から1週間はパチンコができないよう制限を掛けるのです。

これによれば,パチンコ依存症もぐっと減るはずです。

極めて簡単です。
→後注)


    後注)
    ところで,コンビニには,酒類販売について,
    年齢確認ボタンを押させる,法律違反のシステムえありますが,
    そうした客への法律違反の押し付けの点はさておき,
    このようなシステムでもやろうと思えば組めるのですから,
    前記パチンコ利用制限のために,マイナンバーと結び付けて入場制限,そして利用時間制限をかけるのは,極めて簡単な話です。

    このシステムを作る会社に,警察官僚さんが天下れば良いだけの話です。

1件の返信 »

  1. 名案ですね!!

    アンチソーシャル人格、ナルシシズム人格、依存性人格などの人達には、叩き直しが効かないことが多いと思います。

    でもせっかくマイナンバーがあるのでそれを活用して、働きたいのに病気で働けず収入を得られない人たちにだけ、生活保護費が使われる社会になってほしいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中