1173 「メリークリスマス」が禁止なら,「お年玉」も禁制用語!?(ポリティカルコレクトネス)

前にも述べましたが,
トランプ政権になって,10年振りに米国にメリークリスマスが帰ってきたそうです。
オバマ政権下では,少数宗派の人種の人のことを慮るべきだとして
メリークリスマスを言ってはいけないとしており,
多くの米国期間やマスコミ,そして民間企業がこれに従っていたというのです。

ポリティカルコレクトネスです。
日本で言うところの『言葉狩り』です。

別に,キリスト教は全然好きではないですがあんまりです。


【政教分離原則には反しない】
なお,勘違いしてもらっては困るのは,
米国の最高裁も日本の最高裁も,クリスマスのことは,
政教分離の憲法原理に反しないとしていることです。

    政教分離原則といっても,何が何でも政治行政等と分離せよではないのです。
    例えば,宗教学校も含めた全部の学校に財政支援をする場合,
    その関連ですらも,とにかく宗教学校と関わっていけないということにはなりません。

    ですので,米国の最高裁と日本の最高裁は,宗教と政治との関わり方の基準について,
    所謂目的効果基準という物差しでもって線引きをしています。

    宗教に何らかの関わりを持つ可能性がある政府の政策について,
    特定の宗教(例えばキリスト教,創価学会)を助長支援したり,
    あるいは逆に特定の宗教を阻害・妨害等をする目的を持っていたり,またその効果を持っている場合についてのみ,憲法の政教分離原則に反するとされているのです。

そうした目的効果基準の下では,習俗的な儀式の類は,元々全然問題になりません。
特定の宗教を殊更に助けたりする目的や効果を持つものではないからです。
→後注)


【お年玉が言葉狩りに合うと困る】
実は,お年玉も神道等に関係のある言葉なんだそうです。

歳神の賜り物で,「お年玉」。。

これを,米国の民主党という奴隷制を容認していた元祖人種差別政党が,
この10年間でやらかしていたように,
この言葉もまた,ポリティカルコレクトネスとして言葉狩りをされてしまうと,
日本は困ります。

左翼陣営の下らなさすぎる政策や議論は,こころからやめて欲しいです。
お年玉の語源は,歳神さまの賜り物・・・でも・言葉狩りはしないで欲しい
引用元:
https://trend-news-today.com/5935.html


    後注)
    かえって,オバマの「メリクリ祝い」禁止の方が,
    オバマが特定の宗教として明確に意識した上で禁止している分,
    特定の宗教を阻害圧迫しているのではないかともいえ,
    憲法違反になるはずです。

    習俗は習俗として扱っていないからこそ,このような議論になるのですが。

    また,オバマが共産主義者だと言われるわけです。共産主義は宗教を弾圧しますので。
    しかも共産主義は,国家や伝統,民族,そして家庭やコミュニティーまでもうち壊しますし,憲法ももちろん破壊し尽くします。
    流血革命を辞さない国家転覆主義です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中