1164 覚せい剤・サラ金・パチンコ・・・・朝鮮系の依存症産業からの脱却を!パチンコは最後の聖域(サンクチュアリ)

パチンコ産業は,世界中のカジノを合わせたくらいの規模というトンデモでした。
それで600万人もの日本国民がギャンブル依存症になり,
自殺者が年3000人(全人口換算で年3万人!)


【他の朝鮮系の依存症産業】
同じく,日本人を苦しめてきた同様の依存症のある産業(?)があります。

1つは,闇の社会の話しですが,覚せい剤。
北朝鮮産の覚せい剤は有名です。
ただ,これは明確な罰則があるので,政府も一応は対策しているといえます。

もう1つは,サラ金
これも,朝鮮系の会社が経営している例が殆どだと言われています。

サラ金は,バブル崩壊直後日本中で猛威を振るいましたが,
最高裁による貸金業法の空文化解釈により
(って言うか,昭和40年当時の大法廷判決のとおりですが)
過払金返還訴訟を促したこと,政府も法改正したことから,相当程度改善されたと思います。


【残る依存症系産業がパチンコ】
これも朝鮮系ですが,20兆円産業の依存症系産業のパチンコだけは未だに温存されています。
たいした規制はありません。

おかしなことに,風俗営業の一種であるにもかかわらず,
場所の規制がほとんど無く,比較的自由な場所に作られていることです。
(小学校から仮に100メートル以内に作れないとしても,700,800メートル以内には現に平気で存在しています。小学生でも,自転車で5分もかかりません。)

同じく風俗営業法の規制下にある性風俗産業等は,今では,出店地域を一箇所に固めているはずです。
・・・・なお,これも朝鮮系が多いかもしれません。
その意味でも,パチンコだけが何故か未だに特別待遇を受けて温存されています。


【パチンコだけ聖域はおかしい】
覚せい剤,サラ金,パチンコ,そして性風俗産業と,
いずれも朝鮮人系の産業(?)であるにもかかわらず,
しかもいずれも依存症的な産業であるにもかかわらず,未だにパチンコだけが聖域なのです。
サンクュアリです。

早く撲滅をして欲しいです。
カジノ法案とは無関係に撲滅して欲しいです。

だって覚せい剤を違法として取り締まるのですから,パチンコは賭博罪で禁止すればよいだけの話です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中