1157 トランプ,観衆に「そこに不正直者のメディアが並んでいる!」/日本流記者会見の問題点

トランプの勝利感謝講演です。
スイングステートの元祖オハイオから

私は,大統領戦中から,YouTubeで各所の講演会をマークして見ていました。
YouTubeでは,英語字幕を付けて見れますので,
英語を聴き取りながら,併せて字幕も読むと,
おかしな日本の英語教育を受けた私でも何とか分かります。


【Very Very Dishonest People!】
トランプが毎度,大観衆に向けて言う言葉,
“Very Very Dishonest People!,there”
「ほら,あそこに大嘘つきマスコミがいる」
があり,大観衆は一斉に大プーミングをする。
・・・・言ってみれば,慣例,毎度のお約束。

しかも大統領選中は,有名なレセプションパーティーで,ヒラリーがいる席でも,平気でマスコミ批判。


【マスコミはあくまでおまけのはず】
今回,トランプのこのやり方には感心しました。
国民やら,聴衆,観客を集めて講演をし,ただそのついでにマスコミがいるというだけの,
当たり前と言えば当たり前のスタイルが逆に新鮮でした。

しかも,国民第一とばかりに,毎度マスコミをいじるくらいがちょうど良いのかなと。

    日本にもこんな講演会スタイルはもちろんあるでしょうが
    どうしても我々日本人がやる「慣例」として印象に残るのは,
    お邪魔虫のマスゴミが,記者会見に持ち込んで,吊し上げたり,
    逆に,説明釈明したい側も,御丁寧にマスゴミを呼んで,ワザワザ吊し上げられにいくスタイル

    謝罪記者会見?何故マスコミが主役なの?
    ・・・・記者会見ではなく,精々国民会見にして欲しい

マスコミのような金儲けの意地の悪い者達の餌食になる必要はないし,
そもそも余計な,邪魔なフィルターは要らないので,
直接に国民に向けて説明するだけで必要十分だと思う。

それこそ,YouTubeによる釈明会見でもよい。
まずは,一般国民に自らの説明・弁明をし,その際併せて,理解者や仲間をも登場させて彼らから質疑応答を受ける形で,アピールする。 →後注)
その上で,マスコミは中には入れないようにし,柵の外からの撮影のみを許可する。

    裁判の傍聴スタイルと同じです。
    外野は当事者席には座れない。傍聴席で撮影したりメモを取る程度
    不規則発言も含め,発言は許さない。

    これと同様,大事な説明の機会であるので,少なくともそこでは質問は受け付けない。
    報道する自由は認めるが,取材の自由は認めない。

その上で,主役の方が,「そこに大嘘つきのマスゴミがいる」
と言ってやったら,オモシロいよね。


【小保方さんもこれをやって欲しかった】
小保方さんも,問題点を指摘されるや,
自腹を斬って,記者会見用にホテルかどこかを借り切り,
悪意しかない悪魔の記者から,一斉につるし上げを受けました。
・・・・飛んで火に入る夏の虫,カモネギ。。。
まるでどこぞの危険集団の中に飛び込み,案の定一斉にボコられてしまうような話 →後注2)後注3)

なぜ,日本では,何故悪いことをしてもいないのに,
自ら記者会見まで開いて,吊し上げられに行かねばならないのでしょうか。

吊し上げられる場をどうして自分で設定しなければならないのでしょうか。

「そこに大嘘つきのマスゴミがいる」は,小保方さんにも言って欲しかった。


    後注)
    マスゴミ自身も,捏造番組や,反社会集団との関わりの問題が指摘されたとき,
    記者会見は開かず,ただ会社内部に,第三者委員会という隠れ蓑のごまかしを作って調査させ,その調査後に,調査人(弁護士等)が発表する。

    仮に政治家は別としても,
    それ以外の渦中の人(一般私人)は,本来言いたいことは山ほどある場合も多いのだから,
    マスゴミがそのやり方をするなら,一般私人は尚更それをしてよいことになると思う。

    少なくともマスゴミを精々傍聴席に呼ぶだけで,質問は受け付けないという裁判所方式は重要だと思う。


    後注2)
    よく「真実を明らかにせよ」「もし自分にやましいことがないなら堂々と皆の前で述べるべきだ」
    と言われますし,記者会見に向かう人もその気持ちなんだと思う。

    しかしながら,真実を明らかにする,やましさがない,ということと,
    悪意と怒号ばかりが飛び交う記者会見でこれを釈明すること全く別次元の話しだ。

    面白おかしい商売ネタを血眼になって探しているさもしいマスゴミ連中に入って四面楚歌状態で「真実を語る」必要は全くない。
    集団暴行を受けるような危険集団の中にわざわざ赴く理由はない。


    後注3)
    それでなくとも,日本は法の支配があり,
    違法を犯した人間は,裁判手続により処断されるのです。

    裁判があるなら,記者会見は本来不要ですし,
    裁判すらも起こせないような,法律にも何ら違反していない,紳士協定違反程度であれば,尚更記者会見は不要です。むしろ有害です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中