1104 安倍総理は三選? 親ソの独裁者ルーズベルトは四選だった。

米国初代大統領ワシントンが三選されたのに辞退された逸話は有名で,
日本人でも多くの人が知っています。

三選以上は,どんなに人気がある大統領でも独裁に繋がるとして辞退したのです。

    なお,ワシントンは,今の共和党と民主党が分離する前の時代の大統領です。
    ワシントン自身は,共和党的な考え方で奴隷制は嫌で嫌で仕方なかったのですが,
    国が二分することを恐れて,これを施策等に生かすことはできませんでした。

    奴隷制を当初からずっと否定してきたのは共和党ないしその源流の人達です。
    奴隷制を積極推進して来たのが,ジャクソンを初代とする民主党とその源流となる人々です。


【ルーズベルトは四選】
その後,世界恐慌を機に,ルーズベルトが台頭しました。
民主党出身の差別主義者で,親ソ政権でした。

しかし人気があり,ワシントンからの伝統を無視して,
四選,しかも辞退すらしませんでした。
・・・・二期8年もやったら,そもそももう立候補すんじゃねーよ!
(当時は,三選禁止は当然のルールではあったものの,不文律であり,
憲法にまでは規定されていなかったのです。このルールを破る人もいなかったのでしょう。
ルーズベルト問題を機に,1952年に憲法改正がされました。)
→後注)

これでは,問題を起こすわけです。独裁です。


【ルーズベルトの独裁】
ルーズベルトは,最高裁判所の判決が気に入らず,
彼らをすげ替える法案を提出したという独裁者です。
9人の判事が定員の最高裁に16人まで選出できる旨の法案を提出したというのですから,もう無茶苦茶です。

民主的支持があれば,裁判所を支配して良いとの考えは,
憲法無視の独裁でしかありません。

さすが奴隷制を積極推進した民主党の流れを汲む人物だけのことはあります。

    最高裁判所の違憲判決を無視したジャクソン大統領は前記民主党の初代大統領です。
    違憲の先住民強制移住法を施行し,残虐な対応をしました。

    憲法違反や最高裁判決違反は民主党の専売特許かもしれません。

ルーズベルトは立憲主義・法の支配の破壊者です。
ヒトラーと変わりません。


【安倍総理は三選までなら可】
自民党総裁は,一期3年です。
今の二期までから三期に伸ばしても9年です。
米国大統領は二期で8年,三期なら12年です。

それでも9年は長いというかもしれませんが
安倍総理の場合は,功罪はありますが,
日本を取り戻す期待の持てる人物であり,
そこまで頑なに否定するほどのことはないと思います。


    後注)
    ルーズベルトは四選される程ですから人気もありましたし,今でもあるようです。
    しかしながら,当時は黒人には公民権は認めていません。

    黒人の投票権の(積極)否定の上での四選ですから信頼性は何もありません。
    そもそも黒人奴隷制を積極容認し,かつ奴隷解放後も黒人を差別して,その権利を頑強に否定し続けたのが民主党です。
    その流れが色濃く残る中でのルーズベルトの四選であることに留意すべきでしょう。
    今の時代の四選よりもはるかに質が悪いということです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中