1096 弁護士事務所の空気清浄化のための簡単な工夫

大手の事務所は,気の利いた事務員さんが何人もいて,
それこそ何の問題もないでしょうが,
最近の弁護士の急増と収益の悪化となると,
個人事務所等では,なかなか事務員さんをフルでは雇えなかったりするかもしれません。
特に若手の弁護士さんとか(私もですが)。

すると,あれもこれもお願いできないことにもなります。

    こんな司法制度に誰がした?
    と言いたくなります。

    司法改革といいながら弁護士だけを増やして裁判官は増やさず,
    かつまた司法書士も全く増やしていないのですから,余りにも不公平です。

    弁護士の職務代表を国会議員に選出しなければならないかも。


【お客様商売なればこそ】
弁護士は,客商売です。
お客様には,ちゃんとしなければなりません。

自分はたといボロを着ても,
依頼者には気持ちよくなっていただけるようにしなければなりません。

空気清浄はその1つです。


【機材を買い増しするより,メンテが命】
私の事務所は大型業務用エアコン1台と
シャープ製の空気清浄器3台を稼働させています。

ただ,仮にどんなに立派で高価な空気清浄器を用いたとしても,
時とともに目詰まりしてきますので,定期チェックが必要です。

ただ,何を定期チェックすればよいでしょう。


【内部フィルターだけがチェック項目ではない】
大事なことは,内部フィルターだけがチェック項目ではないことです。

もちろん,購入して稼働後1年も経てば,内部フィルターは交換しなければならないでしょう。

ところがもっと着目すべきなのは
内部フィルターを収めた後に本体にはめ込む裏側外蓋:
網状になった本体ケースの裏蓋です。

その裏蓋の清掃が重要です。
この裏蓋は通気口の役目を果たすので,そこにも時とともにめいっぱいホコリがたまります。

私は,大型業務用クーラーのフィルターの清掃はきちんとしているのに
また個別の空気清浄器もそこそこちゃんとフィルター交換しているのに
どうして,また空気が濁るのかなと思い不思議でしたが
空気清浄器の裏蓋をみたら,結構ホコリがついていました。

しかもそれを洗い落としたら,その10分後には見る見る良い空気になっていくではありませんか。
目に見えて効果があるのです。

    むしろ,通気口の裏蓋清掃をきちんとしないと,
    かえって,汚れた空気を循環させてしまうのです。

    ただ効かないのではなく,積極的に?悪い空気の循環をさせているのです。

    大型クーラーを中心に考えていたのも間違いでした。


【週一回のウェットティッシュの清掃で効果テキメン】
実は,空気清浄器の裏蓋は,結構定期的に清掃すべきです。
1週間に一度程度です。

でないと効果が直ぐに衰えます(新品購入時早々は別ですが。)。

特に新しいお客様の相談依頼が入るときには,必ず来訪前に裏蓋の清掃すべきです。

定期的に清掃する場合,必要なのはウェットティッシュだけです。
それで蓋の網の部分を後ろから前から綺麗にふきふきするだけです。
たったそれだけで,空気清浄器本来の清浄能力がよみがえります。

実は,週に一度でもウェットティッシュが汚れます。
そのくらい裏蓋に汚れはたまるのだと思った方がよいようです。

    なお,1か月も,つい2か月も怠けてしまったら,洗剤を使って水洗いが良いでしょう。

    週に一度の頻度で清掃するなら,ウェットティッシュで十分効果を認識できます。

それでも効かなくなったときは,内部フィルターの新品交換がよいでしょう。

カテゴリー:弁護士事務所経営

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中