1061 早大近隣 かのアバコブライダルホールが「女たちの戦争と平和資料館」=反日巣くつに(縁起でもない)

かつて,大学生のころ,早稲田に用事があって行くとき,
高田馬場からは,バスと地下鉄があり,バスを使うと,
「大学前」のバス停の1つ手前のバス停だったとおもいますが,
「アバコブライダルホールは,ここで下車されるのが便利です。」
といった車内アナウンスが流れていました。
(なお,当時は早稲田の高校も有りました。)

「アバコブライダルホール」・・・・懐かしい響きです。
当時いつの日か,ここを使いたいなと思ったこともありました。

何十年も前のことなので,今でも果たして,そのアナウンスがありますでしょうか?。

モシカシテダケド,
「女たちの戦争と平和資料館は,ここからが便利です。」
に変わっているかもしれません。


【反日勢力の巣くつになっていた。】
と申しますのも,アバコブライダルホールのある場所が
反日勢力の巣くつになっていたんですね。

ただ,アバコ(ブライダルホール)はまだあるようです。

→「昭和天皇の銃殺刑」の絵を掲げる「女たちの戦争と平和資料館」に潜入取材してきました!
モシカシテあのアバコブライダルホールがある反日の巣くつに??

本当に残念ですね。
しかもそれが由緒ある?アバコブライダルホールとほぼ同居?していたとは


【早大は妙な学生団体もあったが】
確かに,私が学生時分は
早稲田大学は,学園祭には(教授を除く?)誰であれ,パンフレットを買わないと入場できず,
何千万円もの売上利益が,学生のとある運動組織に流れ込んでいたそうです。
プロ学生集団に,です。
彼らは,そのお金で,高級クラブ等に行き飲めや歌えのどんちゃん騒ぎをしていたそうです。
当時は彼らの利権でした。
憲法23条の学問の自由=大学の自治を逆手にとり,「学問」と称したプロ学生の彼らが独占的に利益を上げていたのです。こんなのだから,憲法23条の学問の自由は不要だと言われるのです。)

滑稽なことに,それに反発した別の早稲田の学生団体が,
法学部祭を独自に立ち上げ,これは入場無料でやっていました。

大多数の学生は,両方に対してしらけた気持ちでみておりました。

早稲田にせよ,アバコブライダルホールにせよ,
アノ近辺はおかしな人達が多く集まっていたのでしょうか?


【早く縁を切って欲しいが。。】
いずれにせよ,あのアバコブライダルホールが,と思うと,とても残念で,悲しくなります。
早く縁を切って欲しいですね。
ブライダルというおめでたい契りと結びの象徴なのに,縁起でも無い。
(反日勢力とは,反日分断工作の勢力のことです。)

ただ,どこかのおかしな国の資本傘下に入ってしまったとしたら,難しいでしょうか。

かの国達と仲良くするのはよいとしても,だからといって,
何も日本を貶めたり,分断工作を仕掛ける必要も理由もないと思います。

先のパンフ強制販売をしていたプロ学生団体と同様,本当に余計なことをしてくれるものだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中