1059 政教分離よりも,税政教分離~(宗教政党の)税制優遇による献金容易性の打破

クリントンが,911記念式典で倒れたのは,
FBIの私用メールの捜査によるストレスが原因ではないかとと説明する方がいました。

なるほどー,思いました。

クリントンは,夫ビルクリントン元大統領とともに,
クリントン財団を立ち上げており,その財団との間の何万件ものメールが捜査されているのだと。

クリントン財団は,慈善団体であり,税制優遇措置があるというのだ。
(おそらく寄附する献金者にも,財団の運営や活動についても)

メールは,大口献金者への便宜供与等のものが含まれるというが,
税制優遇があることは資金集め,要はクリントンの政治資金集めに貢献するのではないかと。
クリントンの錬金術,クリントン財団は税金優遇措置で政治資金化


【地盤看板を引き継ぐ二世議員も,タックスヘイブン】
パナマ文書が問題になったとき,
日本の政治家の世襲議員は,極めて有利な税制優遇措置があり,
もはやタクスヘイブンなのだと。
相続税逃れを堂々とできるのだと。

だから二世議員は有利なのだと。


【どこぞの宗教政党も】
どこぞの国のどこぞの宗教政党も,宗教法人は税制優遇措置が働いているので,
政治献金には極めて有利になる。

大企業が政治家に寄附するときは,同時に税金を払っているから,政治献金は重荷だ。
しかし宗教政党は,献金する宗教法人は,税制優遇のため,献金し易い。


【在日特権や違法パチンコマネーも課税回避的】
在日特権ないしそれにまつわる現象として
課税逃れがある時も,きちんと課税されている方々よりもはるかに政治献金はし易いです。
(外国人は献金できないかもしれませんが,工夫次第でしょう。)

パチンコマネーも,パチンコがグレーゾーンであることもあって,
きちんとした課税がなされていませんので
(違法収益には課税できない)
パチンコマネーを持つ者は,まっとうな商売をしている方達よりもはるかに政治献金し易いです。


【政教分離ではなく,税政教分離】
今や政教分離をお題目のように称えるのではなく,
税制とのからみで,政治との関係を考えるべき時代が来ているかもしれません。
税制絡みで宗教法人が政治に積極的に関われる前提が創り出されているのであれば,その点も含めて税政教分離がなされるべきです。

あるいは「税と政教の分離に関する一体改革」いいましょうか。

    なお,宗教をアヘンと捉える共産党と,とある宗教政党が犬猿の仲であるのは,
    こうした税制優遇の問題も輪を掛けているかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中