1057 「戦争は最大の人権侵害だ」の佐藤幸治憲法教授に聞きたい,北朝鮮の拉致はどうなるの?

佐藤幸治憲法教授は,最高裁判事にもなり,司法改革座長も務めました。

その御著書は,司法試験委員になったことからも爆発的に売れました。
(司法試験委員になって,その著書を売りまくるのは,法律学者の有力なビジネスモデルの1つです。)
それで別荘の1つくらいは建ったかもしれません。
佐藤教授はまだしも,とある刑法学者は相当その手法で儲けたというウワサがあります。

先生には,憲法学者のいわば代表としてお聞きしたいことがあります。


【「戦争は最大の人権侵害だ」】
佐藤幸治教授というと,理論的に精緻なので大変尊敬を集め人気があります。
ただ,その割には,時として,(理論とは無関係の?単なる)印象的な言葉をお使いになることがあります。

その1つが「戦争は最大の人権侵害だ」です。

私は繰り返し述べていますが,「だから何?」と聞き直したいのです。
そこから何が理論的に帰結できるか。私には全く分かりません。

    海外の憲法学者にそれを言ったら,たちどころに理解して貰えるような言葉なのですか?
    そんなはずはないのではありませんか?

加えて,そのご発言の隠された前提についてもお聞きしたい。

    日本の戦争は侵略戦争だったの?アジアの開放の戦いは,侵略戦争だったの?
    日本の戦争は,ナチスドイツのようなホロコーストや人種抹殺をしたの?
    民族浄化をしたとでもいうの?

    東京裁判をどうみるの?,全く正しい裁判だったみるの?


【更に問いたい「拉致は(最大の)人権侵害ではないのか」と】
更に,もう一つ問いたいです。

「北朝鮮による1000名もの日本人拉致は人権侵害ではないのか」
「日本が,拉致被害者を取り戻すことは許されないのですか。」
「拉致被害者取戻しが話し合いで解決しないとき,仮に取り戻しの過程で武力衝突があった場合は,先生が言われる『最大の人権侵害』を日本が犯したことになるのですか」
「先生のような紳士である場合,当然北朝鮮を糾弾するデモ行進はヘイトデモとして否定されるのでは?。」
「それでは,結局拉致被害者を救う道がすべてなくなるのではないですか」と。


【外国人の生活保護は是認する佐藤教授】
どうして前段の質問がしたいのか,それにはもう一つ理由があります。

佐藤教授は,国外国人に対する生活保護を是認するのです。
かの特定国外国人は,戦後次々に市役所を襲撃して,いわば暴力で生活保護を勝ち取ったにもかかわらず,これには全く言及しません。

新しい著書では「(外国人が)かわそうじゃないか」と言わんばかりの感傷的意見を付加しています。

北朝鮮の民族教育に対し,公的な経済的支援を続けていることについては,何も言及しません。完全スルーです。
ちなみに,小池東京新都知事の北朝鮮学校の支援凍結,朝鮮大学校認可見直し等については,どんなご意見ですか?

    私は,先生が力説なさる立憲主義の基本理論と,この2つについては異質の対応なので驚いているのです。

    だからこそ,北朝鮮の拉致問題をどう考えるのかをお聞きしたいのです。

    先生個人には申し訳ないが,憲法学者の代表としてお聞きしたいのです。


【最後の質問】
先生,端的に言って,憲法9条2項で,国の交戦権を放棄している憲法は,
少なくともこの部分につき,法的な瑕疵(=欠陥)があるのではないですか。?

如何に優秀なゼネコンでも,建築規制のある地域では工事が許されないように(=法的瑕疵),
自衛隊は国を護る権限を付与されていないなら,法的瑕疵にほかならないのではないですか?

    しかも法的瑕疵があり,日本国民救済に問題ありとするなら,
    他の法律学者が漏れなく必ず法改正の主張をするように,
    つまりは憲法改正を主張することこそが憲法学者のつとめではないのですか?
    憲法学者は怠慢過ぎる,良心がなさ過ぎるのではありませんか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中