1028 社会主義国とGHQ占領国にしかない学問の自由は,信教の自由のカウンターだった!?

改憲論者ですら,なかなか言及しない問題が学問の自由です。

人権とは,自然法に基づく普遍的な価値を有するものと言われています。

ところが,学問の自由は,社会主義国(=自然法無視)の憲法や,
GHQが占領した日独伊くらいしかないのです。
自然権であれば普遍的なはずなのに,各国で普遍的に規定されていない。
おかしいですよね。

    普通の自由主義の先進国では,
    学者にも当然に思想良心の自由,表現の自由がありますし,
    幸福追求権(憲法13条)もあります。
    そして労働者の側面としての学者の経済的地位は,労働基本権が保障されますので,
    その上でさらに学問の自由の規定を設けることは,論理必然ではありません。

なお,GHQは,自由の国米国が本籍ですが
親ソのズブズブで知られる米ルーズベルトの民主党の流れです。
このように,学問の自由は,ソ連の思想,つまり共産主義の考え方がバックグラウンドにあると思わないといけません。

しかも,学問の自由を認めさせられたドイツ等は,
これを保障する前提として,条件を付けるに至っています。
それは学問の中立性です。

祖国を滅ぼす学問の探究は自由ではないのです。

このように,そもそも社会主義国やその影響を受けた国しか存在せず
仮に規定していても,政治的中立性を要求するというのは,ある種危険な存在だということです。

    人が人であるが故に当然に持って生まれたとされる自然権とはどこか違う印象を受けます。
    自然法ではなく,人工法とでも言った方がよいのです。

    社会主義が計画経済(人工的)であって,予定調和(自然放任)ではないように,
    学問の自由は,どちらかというと自然なものではなく人工的な臭いがプンプンするのです。


【日本共産党憲法改正草案は,反宗教の活動を憲法で認めた】
ところで,日本共産党は,
今でこそ,憲法には指1本触れさせないかのいい草ですが,
かつて実は憲法改正草案を持っていました。

共産党は,宗教をアヘンだとしてとりますので,正直信教の自由を認めたくない立場です。
ただ,それでは日本では受け入れられないので
信教の自由は,憲法で一応認めつつも,反宗教活動の自由をも積極的に認めているのです。

    第10条 人民に信仰と良心の自由を保障するため宗教と国家、宗教と学校は分離され、宗教的礼拝、布教の自由とともに反宗教的宣伝の自由もまた保障される。

この規定の仕方だと,共産党政権が,反宗教活動や宣伝をして予算を付けることもできます。
信教の自由は国と分離されるが,反宗教の自由は国家と結びついてよいと読めるからです。

日本共産党は,信教の自由に対し弾圧する気満満であることが分かります。


【信教の自由のカウンター】
ただ,こんなあからさまな規定を設ければ,多くの国民が,その意図を気づくでしょう。
もっともこれは日の目を見ない改憲草案ですので,
共産党の本音が,洗練されないまま,生々しく出てきたのでしょう。

これに対し,占領憲法を押し付けたGHQ米国人は,きれい事が好きなので,露骨なやり方はせず,
信教の自由とは別のものを持ってくることで減殺しようとしたようです。

    実は,西欧では,宗教はあくまで信仰の対象であって,科学とは別物と見てきました。
    しかも信仰を大事にするお国柄だと,学問的真実を低く見がちになります。

    信仰か学問的真実かで,西欧等の国民は揺れ動く気持ちがあるのです。
    (日本にはないことかもしれません。日本で流行った仏教は,科学と矛盾しません)

逆に言うと,根っからの宗教嫌いの共産党的考え,つまりはソ連に近いGHQは,
信教の自由より学問をむしろ重視したい。

しかしだからといって,先の共産党改憲草案のように,あからさまに反宗教宣伝の自由を規定するのは,大人げない。

すると,信教の自由を認める代わりに,
別の条文で,学問の自由を特に追加して認め,信教の自由の対抗馬にする。


【結局,赤デミズムの巣くつとなった。】
このように,学問の自由が,共産主義発展のための規定として挿入されたとすると,
戦後の日本の大学が赤デミズムの巣くつになることは,必然だったのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中