1022 桜井誠新党「日本第一党」(略称日本一)結成。政策や支持不支持はともかく党名は格好良い。

都知事選で11万4000票獲得した桜井誠(元在特会会長)が,
本日新党を立ち上げたそうです。

その名は,日本第一党,略称は「日本一」
英語名JapanFirst-Partyだって。

支持・不支持は別として,政策の中身もともかとして
名前自体はとてもカッコイイですね。

    なお,桜井誠のいうことは,トランプ演説とほぼ同等の内容ですので,
    偏見をはなれ,まずはトランプ演説をお聴きになり,
    その上で,桜井誠の都知事選演説を聴かれると,
    内容やその類似点はよく分かります。
     →トランプ演説PDF:トランプ大統領候補受諾演説

    桜井がパクっているのではないと思いますが,内容は似ています。
    多分欧州の愛国政党も同じ事を言っていると思います。

なお,生活保護の不正や通名問題について,
はじめて問題提起をしたのは,桜井がかつて率いていた在特会です。
彼らの過激運動の是非,そしていくつかの行き過ぎ事例があったことは別としても,
結局政府与党が,この問題についてやっと重い腰を上げたのです。

その運動から10年を経て,桜井は新党を立ち上げました。
支持不支持は別として,頭ごなしに全面否定するのだけは,大きな間違いであり,それこそ立憲民主主義に反します。

    かえって共産党の方が,二段階革命と言いつつ未だに暴力革命の可能性を捨てていない政党であるとして,現在も公安監視団体として認定されています。

    ここで,暴力革命の可能性を捨てていないとの意味は,
    要するに,立憲主義,立憲民主主義,法の支配,基本的人権の尊重を全て蹂躙する危険性を持っているという意味です。
    ソ連共産党や支那共産党のした数々の仕業をみて下さい。
    今,政府が検討中の,憲法改正・緊急事態条項の創設を人権侵害だという人もいますが,暴力革命は,それとは比べものにならないくらい危険なことです。


【弁護士は裁判官と違って政治活動もできる】
私は,弁護士なので,裁判官時代とは違い,
政党の党員になることもできます。

今,自民党の党員になるかどうかを検討中です。
また中山恭子議員の日本の心を大切にする党もいいかなと,悩んでいます。

自民党は,党員の会費が年4000円と安いのです。
日心党は,更に安くて年2000円です。

結局,いずれも辞めてしまうかもしれませんが,
いずれにせよ,各党がどんどん競い合って日本をよくして欲しいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中