993 改憲:緊急事態条項,共産党の猛反対は中国共産党の国防動員法が無力化されるから?

この間の朝生もそうでしたが,
最近は,自民党が控えめに「改憲は緊急事態条項から」
と言うと,共産党は狂ったように反対しています。
「緊急事態条項は人権侵害を発生させるぅぅぅ」と。

    私は40年以上前の学童時代のころ,朝日新聞が
    「有事法制(≒緊急事態条項のこと)は,人権侵害を引き起こす」
    と言っていた意味が分からなかったし,未だにまったく分かりません。

    東北大震災と同等以上の災害や混乱が起これば,
    ただでさえライフラインの切断等,いつもの生活が送れないという不自由,
    言ってみれば,人権制約は自ずと生じるのです。
    自宅には戻れない,フロにも入れない等々。。。
    それも私だけではなく,その地域の人全員が同じ目に遭っているのです。

    そんな中,朝日新聞の挙げていた例で言うと,
    自分の土地だって中々使えない状態だが,他と比べればまだましな状態のとき,政府の救済車等が,自分の土地を半ば無断で通っていくとしましょう。
    多くの被災者を助けるためです。
    そんなことを反対するのは,どんだけ馬鹿なのかと40年前から思っていました。

    朝日新聞は40年前から馬鹿を言っていたのです。

    今思うと,自衛隊の救済活動を,そうやって妨害したかったのでしょうね。
    オスプレイ反対と同じヘリクツです。売国奴ですね。

共産党は,自衛隊が人殺し組織である等の発言を平気で繰り返すのですから,彼らの発言は何か狂った思想を根底に持っていると疑うよりほかはないでしょう。

結局,緊急事態条項による人権侵害って,誰のどの人権をさしているのかを問わなければなりません。
「人殺し予算」の「人」が支那共産党員のことだったように,
他国による侵略に伴うその種の活動を阻止することをもって「人権侵害」と言うべきではないです。


【敗戦革命・どさくさ混乱に乗じるのが共産党】
共産党は本来は革命政党です。
そしてその具体的なやり方としては,戦争・災害等の混乱時に乗じるというやり方になります。
敗戦革命の観念も結局それです。
戦前も,日米という資本主義国家同士の戦争を内部から徹底的に煽りました。
その上で相互が疲弊したの見計らって,戦後の混乱に乗じて,国家を乗っ取る計画でした。
→後注)

どさくさと大混乱が大好きなんですね。
戦後も現に大暴れしています。ウィキペディアで検索して下さい。
生活保護や教育支援を求めて騒ぎ立てる特定国外国人と連携して,各市役所を襲撃したこともあります。
これもウィキペディアに載っています。

    東北大震災のように,本来的な大混乱事件が発生したのに,日本人が礼儀と秩序を護って,助け合い支え合う,みたいな姿は,共産党的にはむしろ困るわけです。

    混乱する外的要因がある時には,日本人は混乱して欲しいというのが彼らの本音です。
    でないと,革命を仕掛けた側が浮いた存在になってしまいます。
    お互いにいがみ合って欲しいのです。通名外国人が介在しても良いので。。。

混乱要因発生時には,何をやっても分からなくなります。
市役所への集団襲撃等をみても,平常時でもそうした集団行為は,誰が何をしたか分からないことがありますが,震災等の混乱事態発生時への仕掛けは,一層容易です。


【支那共産党の国防総動員法の発動されたら】
話を元に戻すと,共産党にとって,
緊急事態条項が困るのは,支那共産党の国防動員法の発令時です。

支那共産党様が,せっかく国防動員法を発動したのに,
そして日本にいる支那人がその命に従い,一斉に暴動を起こしたのに,
緊急事態条項があれば,それによってたちまちに無力化されてしまう。

支那共産党様の面目丸つぶれ-それを恐れるのかもしれません。
支那様への忠誠が誓えません。

そしてそもそも共産党の願う(党是?),どさくさに紛れての革命蜂起ができなくなってしまう。
たちまち制圧されてしまうからです。


    後注)
    共産党は,各国では法律で禁じられているほどです。
    日本でも公安の監視対象です。

    ヒトラーが出た当時のことは,ナチスばかりが非難されますが,
    共産党とナチスは当時双璧,両横綱級の問題政党でした。

    共産党は革命政党(流血革命といった方がニュアンスはむしろ正確に伝わるかも)
    つまり,立憲民主主義=議会制のルールも,
    法の支配(裁判制度による人権保障の手続)をも無視するのが,彼らなのです。
    三権分立なんて言葉は,彼らの辞書にはありません。
    支那共産党や旧ソ連共産党を見れば分かります。

    ただ,特に,伝統と歴史のある日本人の場合は,
    平常の平和時には,中々あからさまにはできませんので,
    戦争を煽って混乱が発生することを期待したり,一定の混乱が欲しいわけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中